レクサス福市プレジデントが東大生へクルマのデザイン論を熱弁「日本自動車工業会 大学キャンパス出張授業2014」

画像はLEXUS RC F

レクサスインターナショナルは、「日本自動車工業会主催 大学キャンパス出張授業2014」の第一弾として、10月9日(木)にレクサスインターナショナルのプレジデントでありトヨタ自動車のデザイン部門のトップである福市得雄氏による、東京大学での出張授業「デザインには企(わけ)があり、スタイルには意味がある。」を開催する。

日本自動車工業会では、昨今叫ばれる若者の車離れを受けて、大学生にクルマの魅力や楽しさを少しでも知ってもらうため、昨年より自動車メーカートップによる大学講演を実施。

今年はその第一弾として、レクサスとトヨタのデザインの生みの親であり美大出身である福市氏が、レクサスとトヨタのデザインに隠された秘密や実際のデザイン現場のウラ話を余すことなく伝えていく。

さらに後半は学生を壇上に招き、クルマのデザインやクルマのあるライフスタイルについてトークセッションも開かれ、会場には2014年10月下旬に発売となるレクサスの新型スポーツクーペ「RC」などが展示される予定だ。

日時:

2014年10月9日(木)18:00~19:30 [受付17:00]

会場:

東京大学 本郷キャンパス 伊藤国際学術研究センター 地下2F 伊藤謝恩ホール

(文京区本郷7-3-1) ※都営大江戸線、地下鉄丸の内線「本郷三丁目駅」より徒歩8分

講演タイトル:

日本自動車工業会 大学キャンパス出張授業2014「デザインには企(わけ)があり、スタイルには意味がある。」

登壇者:

福市得雄(レクサスインターナショナルプレジデント / トヨタ自動車株式会社 デザイン本部本部長・取締役 専務役員)

プログラム:

第1部 福市氏によるプレゼンテーション

第2部 福市氏×東大生によるトークセッション

対象:

東京大学 学生500名

この記事の画像ギャラリーはこちら
「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... おちあいろう

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

レクサスの最新自動車ニュース/記事

レクサスのカタログ情報 レクサスの中古車検索 レクサスの記事一覧 レクサスのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる