ホンダ 新型フィットハイブリッド 燃費レポート/永田恵一(2/5)

  • 筆者: 永田 恵一
  • カメラマン:オートックワン編集部/永田恵一
ホンダ 新型フィットハイブリッド 燃費レポート/永田恵一
新型フィットハイブリッド 燃費テスト出発前の新型フィットハイブリッド 新型フィットハイブリッド フロントフェイス 新型フィットハイブリッド エクステリア 画像ギャラリーはこちら

ホンダ 新型フィットハイブリッド 燃費レポート【高速道路編】

新型フィットハイブリッド アクアラインにて燃費テスト中

新型フィットハイブリッドで高速道路を走って、まず驚いたのが「動力性能の高さ」だ。

本線への合流や追い越し加速でエンジンを回すと、「フィットハイブリッドは、“RS”のようなスポーツモデル的なグレード名を冠しても良いのでは?」と感じるほどの勢いでスピードが上昇してゆく。

組み合わされるツインクラッチミッションの変速も、(シフトダウンはそれほどではないが)シフトアップは瞬時にスパッとギアが変速し、非常に爽快だ。

ただ、エンジンに関してはそういったことを求めるクルマではないことが分かっていながらも、中回転域のエンジン音が若干ガサツな感じで、今後はもう少しエンジン音が澄んだものとなることを望みたい。

新型フィットハイブリッド 高滝湖にて

100km/h時の回転数はタコメーターの目盛りが小さいため正確には読み取れなかったが、2,000rpmを切るあたりといったところで、車格を考えれば非常に低く抑えられている。

高速道路ではコンパクトカーとは思えないほどの重厚感、安定感を感じることができ、実際よりも車格の高いクルマに乗っているようなフィーリングが好印象だった。

新型フィットハイブリッドの乗り心地については合格レベルを十分クリアするものではあったのだが、若干硬さが残りしなやかさに欠けるもので、乗り心地以外は全体的に好印象だったことや、開発陣が「VWポロをベンチマークにした」といった内容を加味してしまうと、ちょっと期待外れ。今後は改善されることを望みたい。

新型フィットハイブリッド 高速道路にて燃費テスト中新型フィットハイブリッド 高速道路の燃費は「26.1km/L」

もう1つ残念だったのは、先代フィットハイブリッドでは全車標準装備だった「クルーズコントロール」がLパッケージ(183万円)以上を選ばないと装着されない点だ。コンパクトカーの中ではロングツーリング性能も高いフィットなだけに、余計残念に感じてしまう。

 さて、高速道路における注目の燃費は「26.1km/L」と“さすがはホンダ最新のハイブリッド”と評価できる値を記録した。

この燃費を記録した要因には全体的な効率の高さに加えて、バッテリー残量に余裕があれば80km/h程度の高いスピード領域でもEV走行が出来てしまう点も、相当に貢献していると思われる。

ホンダ 新型フィットハイブリッド 高速道路の実燃費/26.1km/L

トヨタ アクア 茂原長南インターにてトヨタ アクアの高速道路燃費は「26.9km/L」

対するアクアは、新型フィットハイブリッドを上回る26.9km/Lを記録した。

アクアが新型フィットハイブリッドの燃費を上回った要因としては、テスト車が15インチタイヤ装着車であったことに加え、燃費を左右する非常に大きな要素である車重がフィットハイブリッドの1,130kgに対しアクアは1,090kgと若干軽量なこと、全高がフィットハイブリッドの1,525mmに対し1,445mmと低く、高速道路のペースでは空気抵抗がフィットに対し有利だった点が寄与したのだろう。

トヨタ アクア 高速道路の実燃費(再テスト結果)/26.9km/L

この記事の画像ギャラリーはこちら
永田 恵一
筆者永田 恵一

1979年生まれ。26歳の時に本サイトでも活躍する国沢光宏氏に弟子入り。3年間の修業期間後フリーランスのライターとして独立した。豊富なクルマの知識を武器に、自動車メディア業界には貴重な若手世代として活躍してきたが、気付けば中堅と呼ばれる年齢に突入中。愛車はGRヤリスと86、過去には日本自動車史上最初で最後と思われるV12エンジンを搭載した先代センチュリーを所有していたことも。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 奥湯河原 結唯 -YUI-

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

ホンダ フィットの最新自動車ニュース/記事

ホンダのカタログ情報 ホンダ フィットのカタログ情報 ホンダの中古車検索 ホンダ フィットの中古車検索 ホンダの記事一覧 ホンダ フィットの記事一覧 ホンダのニュース一覧 ホンダ フィットのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる