閉館時間の風物詩!? コンパニオン達のお見送りに完全K.O.!【東京モーターショー2019】

  • 筆者: MOTA編集部
画像ギャラリーはこちら
大盛況のうちに幕を閉じた第46回東京モーターショー2019。

毎日の閉場時間には、各ブースのコンパニオンがお別れの挨拶を行うのが恒例となっている。

その中でも特に目を引いたUDトラックスといすゞのコンパニオンをご紹介する。

>>東京モーターショーの興奮が甦る! UDトラックス、いすゞブースの美女達を画像で見る(32枚)

UDトラックスは展示車両の前で美女が勢揃い

自動運転車「風神」やハイブリットトラックの「雷神」など未来を見据えるトラックメーカーのUDトラックスでは一番の目玉だったQuon Concept 202Xの前にコンパニオンが大集合!

脚線美を強調した白ベースのコスチュームに一堂の視線が釘付けとなり、東京モーターショー2019の最後の思い出にシャッターを切るファンが続出した。

一糸乱れぬパフォーマンスを披露したいすゞのコンパニオン

フラッグシップの「ギガ」シリーズをはじめ、日野自動車と共同開発したハイブリッド連節バス「エルガデュオ」など商用車メーカーとして数々の実績を残すいすゞはビジョン前にコンパニオンが集合して1人ずつお辞儀するパフォーマンスを見せた。

親しみを感じる、懐かしくも新しいデザインのコスチュームに時間を忘れて見つめる来場者も多く、満足した表情で帰路に着いていった。

この記事の画像ギャラリーはこちら
MOTA編集部
筆者MOTA編集部

MOTA編集部。現在総勢9名で企画・取材・原稿作成・記事編集を行っています。編集部員は、自動車雑誌の編集者やフリーランスで活動していた編集者/ライター、撮影も同時にこなす編集ディレクターなど、自動車全般に対して詳しいメンバーが集まっています。

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる

日本カーオブザイヤー
カー用品・カスタムパーツ
人気記事ランキング

おすすめの関連記事