来場者数100万人は超えたのか!? 東京モーターショー2019が11月4日に閉幕

  • 筆者: MOTA編集部
  • カメラマン:MOTA編集部
画像ギャラリーはこちら
およそ2週間近く開催されてきた第46回東京モーターショー2019が、11月4日(祝)午後6時で閉幕した。最終的な来場者数や、会場での評判・課題など、気になるポイントを改めて振り返る。
目次[開く][閉じる]
  1. 盛況のうちに閉幕した東京モーターショー2019、いくつかの課題も
  2. シャトルバスの乗車待ちは会期中に改善
  3. 飲食スペースにも課題
  4. 結局、目標来場者数100万人は超えることができたのか!?
  5. 【追記】公式発表! 東京モーターショー2019は予想を超える130万人が来場!

盛況のうちに閉幕した東京モーターショー2019、いくつかの課題も

2019年10月23日(水)のプレスデーからスタートし、およそ2週間近く開催されてきた第46回東京モーターショー2019が閉幕した。今年は東京ビッグサイト西展示棟と新設された南展示棟に加え、ひと駅分離れたエリアに造られた東京ビッグサイト青海展示棟、MEGA WEBを利用したFUTURE EXPO(無料)、そして両エリアを結ぶOPEN ROAD(無料)など、新しい試みが多く実施され注目を集めた。

>>東京モーターショー2019最終日も大盛況![フォトギャラリー]

シャトルバスの乗車待ちは会期中に改善

新たな試みが多く行われた今回の東京モーターショー2019だが、会場が広範囲に拡がったことで課題も散見された。

東西会場を結ぶ無料シャトルバスの運行を行ったが、乗車待ちの長い行列が発生する事態に。週末のピーク時では最大1時間待ちとなった。会期途中で車両を増やし改善を図ったものの抜本的な解決とはならず、乗降に時間のかかる観光バス車両などが混在したこともあって、最終日の11月4日でも30分の乗車待ちが発生していた。

FUTURE EXPOなどでは、東京2020オリンピック・パラリンピックに使用するバリアフリーな小型EVバスが展示されていたが、展示だけではなく実際に約1.5kmに及ぶOPEN ROADを定期運行させ、車いすユーザーなどに使ってもらうなどの試みがあっても良かった。

飲食スペースにも課題

飲食の供給もエリア毎にばらつきがみられた。今年新設された青海展示棟では、飲料水の自販機が入口付近にのみ偏在。食事も屋外の数少ない屋台のみと寂しい状況だった。OPEN ROADでは青海エリア側に屋台村が出展していたが、混雑する週末は椅子やテーブルを削減。地面に座って食事するしかなく、ランチボックスを手に戸惑う買い物した客も多かった。また有明会場も含め屋外の飲食スペースにはいずれも屋根がなく、雨天時の利用が出来ない。大規模なイベントとしては、やや物足りない結果となった。

結局、目標来場者数100万人は超えることができたのか!?

主催の日本自動車工業会(自工会)では当初、今回の東京モーターショー2019について、約100万人の来場者数を目指すとしていた。前回の東京モーターショー2017訪問者数は約70万人。2019年の野心的な目標に注目が集まっていた。

例年の東京モーターショーなら、プレスセンターから毎日の来場者数が細かく公表されていたが、今回は広範囲に会場が点在するうえ、無料エリアも多く集計も難しいためなのか、会期中一切の来場者数が明かされていない。公式発表を待ちたいところだ。

【追記】公式発表! 東京モーターショー2019は予想を超える130万人が来場!

※11月5日(火)昼 追加情報

その後、11月5日(火)お昼に東京モーターショー事務局から正式な発表があり、青海・西・南展示棟、MEGA WEB、および屋外のDRIVE PARKにおける総来場者数は130万900人と発表された。特に14歳以下の来場者の割合は前回比で約7割増加したという。予想を遥かに超えた来場者数となった。

詳細は以下の記事も併せてチェックして欲しい。

[筆者:MOTA編集部/撮影:MOTA編集部]

この記事の画像ギャラリーはこちら
MOTA編集部
筆者MOTA編集部

MOTA編集部。現在総勢9名で企画・取材・原稿作成・記事編集を行っています。編集部員は、自動車雑誌の編集者やフリーランスで活動していた編集者/ライター、撮影も同時にこなす編集ディレクターなど、自動車全般に対して詳しいメンバーが集まっています。

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる

日本カーオブザイヤー
カー用品・カスタムパーツ
人気記事ランキング

おすすめの関連記事