MDNマドンナのデモカーは、内外装や走りにも妥協しない究極のカスタムカー「侍」ハイエース!【大阪オートメッセ2019】

画像ギャラリーはこちら

己の個性を”オーラ”で伝える!それがMDNマドンナのスタイル

エアロバンパーを装着しただけのハイエースであれば、大阪オートメッセ2019でも比較的多く見る事ができるが、MDNマドンナのデモカーであるハイエースは一風変わった個性を放っている。

バンパーの形状はレーシーな雰囲気を感じる大型のダクトが開けられた形状だが、それを敢えてマッドブラックにペイントしており、クールな印象を感じる。車体にあしらわれた「侍」の文字も目を惹く。

ただ単に華やかさを外に向けて放つという表現ではなく、秘めたるもので勝負する。そんなMDNマドンナのメッセージをふつふつと感じ取ることができる一台に仕上がっている。

ボンネット部分には模様が浮き上がる加工が施してあったり、他メーカーにはない価値観を大阪オートメッセ2019で存分に見せつけていたように思う。

実はこのハイエースのデモカーは、まだ仕上げ途上のクルマなのだという。最終的には10人乗り、3ナンバー(大型化されたバンパーの関係)化され、エンジンもターボ化し、エクステリアとインテリア、そして走りにも妥協を許さない特別な一台に仕上がる予定とのことだ。

MDNマドンナが放つ究極のカスタムハイエースが完成するのは間近とのことなので、仕上がった状態が展示されるのも非常に楽しみだ。

[Text/Photo:中込 健太郎]

この記事の画像ギャラリーはこちら
中込 健太郎
筆者中込 健太郎

自動車ライター。1977年生まれ。神奈川県出身。武蔵工業大学(現東京都市大学)工学部電気電子工学科・水素エネルギー研究センターを卒業。自動車産業向け産業機械メーカーを経て、大手自動車買取販売会社で店舗業務からWEB広告、集客、マーケティングなどに携わる。現場経験に基づくクルマ選びや中古車業界の事情に明るいことから、ユーザーはもとより、自動車販売の現場からの信頼も厚い。幼少期からクルマをはじめとした乗り物好きが高じ、車種を紹介するコンテンツなども手掛ける一方、「そのクルマで何をするか」をモットーに全国をクルマで旅行し、食べ歩き、温泉巡り、車中泊といったカーライフに関する執筆も多数手がける。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 食べるお宿 浜の湯
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社がネットで査定し、高値を付けた2社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

MOTAが厳選するワンランク上の旅宿特集

トヨタ ハイエースの最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタ ハイエースのカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタ ハイエースの中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタ ハイエースの記事一覧 トヨタのニュース一覧 トヨタ ハイエースのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる