autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート MINI PACEMAN(ミニ ペースマン) 試乗レポート/こもだきよし

試乗レポート 2013/3/14 17:30

MINI PACEMAN(ミニ ペースマン) 試乗レポート/こもだきよし(1/3)

関連: ミニ ミニ , ミニ ミニペースマン Text: 菰田 潔 Photo: 和田清志
MINI PACEMAN(ミニ ペースマン) 試乗レポート/こもだきよし

MINI 7番目のラインナップは"オトナの"4座クーペ

ハッチバック(R56)、コンバーティブル(R57)、クラブマン(R55)、クロスオーバー(R60)、クーペ(R58)、ロードスター(R59)に続いて7番目のMINIとして登場したのがミニ ペースマン(MINI PACEMAN)。型式はR61と呼ばれる。

ちょっと大きい4ドアのMINIとして存在感を示す「ミニ クロスオーバー」がミニ ペースマンのベースになっている。いってみればクロスオーバーのクーペ的な存在だ。全体のシルエットとしてはクロスオーバーを踏襲しているが、ルーフラインは後ろに向かって握りこぶし1個分低くなっていく。そしてウエストラインは後方に向かってせり上がってくるから、後ろが絞られたクーペ的なイメージを創りあげている。

「MINI Paceman(ミニ ペースマン)」ミニ クーパーS ペースマン エクステリア・フロント正面MINI Cooper S ALL4 Paceman[ボディカラー:ブリリアント・コッパー]「MINI Paceman(ミニ ペースマン)」ミニ クーパーS ペースマン エクステリア・リアビュー「MINI Paceman(ミニ ペースマン)」ミニ クーパーS ペースマン エクステリア・サイドビュー「MINI Paceman(ミニ ペースマン)」ミニ クーパーS ペースマン エクステリア・リア正面

テールに表記された車名はミニ史上初!

ミニ クーパーS ペースマン リアエンドミニ クーパーS ペースマン フロントマスク

CooperSでサイズを比べると、全長x全幅x全高(mm)はミニ ペースマンが4125x1785x1530mmで、ミニ クロスオーバーの4120x1790x1550mmとほぼ同じだが、後ろにいくに従いルーフが低くなっているせいか、数値差以上に低く見える。

2ドアになった分だけ車重は軽くなっているかと思ったが、実際にはクロスオーバーと同じ1370kg(MT)である。

ミニ ペースマンのテールランプは、丸い形状でMINIらしさを表現している。さすがに7番目となるとその識別を簡単にするためか、リヤハッチの真ん中には”PACEMAN”の文字が飾られる。MINIでは初のことだという。エモーショナルなデザインのミニ ペースマンだが、この文字によりクラシックなイメージも感じて不思議な雰囲気を創り出す。

[次ページへ続く]

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!
オートックワンの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。

ミニ ミニ の関連編集記事

ミニ ミニの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ミニ ミニ の関連ニュース

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
オートックワンのおすすめ特集
編集企画(パーツ・用品)PR