マツダが業績好調の中で予想外の社長交代!新体制後の展開に内外から不安の声も?

  • 筆者: 国沢 光宏
  • カメラマン:オートックワン編集部/MAZDA
画像ギャラリーはこちら

業績を伸ばしてきた小飼社長が退任

マツダが突如社長交代を発表した。現在の小飼社長は2013年就任ということで5年目。マツダに大きい問題や課題、不祥事もなく、むしろ小飼社長になってから業績を順調に伸ばしてきたほど。トヨタの豊田章男社長との信頼関係も厚い。年齢だって63歳。本来ならあと1年続けても不思議ではなかった。

次期社長は意外なことに副社長の丸本氏(60歳)。年齢の問題もあり、マツダの皆さんの多くが「もう1年小飼さんで次は50歳台に若返ると思います。副社長が社長に昇格することは無いでしょう」と考えていたらしい。実際、最近の日本の大手企業の新社長は50歳台というイメージ。

新社長は開発出身ながら経営スペシャリストというイメージ

先日もマツダOBの皆さんと次期社長の話になったのだけれど、丸本さんは無いと思うというのが共通意見だった。そもそも丸本さんのキャラクターといえば、開発出身ながら(1999年に発売された2代目MPVの開発チーフを担当)、直近は財務を中心にした最高経営責任者である。

フォード時代、アメリカ人から高い評価を受け、マツダの歴代最年少役員に就任。以後、昇進は小飼さんより早かったものの、社長というより経営スペシャリストというイメージが強い。社交性無くメディアを嫌うことでも有名。インタビューなど“ほぼ”受けないことで知られている。

私も1999年のMPVの時から面識あるけれど、一度も話をしたことない。同業者に丸本さんの人物像を聞いてみたが、誰も知らないという、ある意味ナゾの人。皆さん笑っている顔をみたこと無いというから、相当マジメな人か? 社長になったら外に出てくると思う。楽しみだ。

「水清くして魚住まず」という厳しい声も

社内の評価といえば、社員の皆さん口を揃えて「とにかくマジメで細かいです」。細かいことを「重箱の隅をつつく」と表現するが、丸本さんの場合、重箱の隅に残ったお米の数までチェックしなければ気が済まないという。「魚心あれば水心」の反対にある「水清くして魚住まず」という厳しい声も。

開発担当のTOPである藤原常務とケミストリー合うと言われており、この派閥がマツダを動かしている。モータースポーツに参戦しなかったり、パワフルなエンジン搭載のモデル作らず、ひたすら堅実路線を歩んできた。結果として健全なマツダの財務体制を作り上げられたのかもしれない。

いろんな意味で今後の展開は読みにくい・・・

マツダはどうなる? 今以上に着実なクルマ作りを目指すことになりそう。電動化技術導入がマストの中国市場でも北京モーターショーに純粋なエンジン搭載車しか展示しなかったほど。また藤原常務、メディアの間でトヨタ嫌いとして有名(悪口を言いまくる)。いろんな意味で今後の展開は読みにくい。

クルマ好きとしては、明るくワクワクさせてくれるマツダになって欲しいと思う。丸本新体制の手腕に期待したい。

[TEXT:国沢 光宏]

マツダ関連記事

トヨタがロータリーエンジン採用決定! マツダとの連携が驚きの形で表面化

最先端技術“スカイアクティブX”はマツダが目指す理想のエンジン像そのものだった【試乗&評価】

マツダが実用化に成功した圧縮着火エンジン搭載車を早くも試乗!次期型アクセラを示唆か

マツダがロータリーエンジンを2019年に復活決定!まずはRE×電動化から

トヨタ・マツダの本音は”2つの愛”、資本提携が『EVありき』報道に違和感

この記事の画像ギャラリーはこちら
国沢 光宏
筆者国沢 光宏

1958年生まれ。ベストカーガイド編集部員を経て自動車評論家に。空気を全く読まず言いたいことを言い、書きたいことを書くので自動車メーカーから嫌われている。現在所有しているクルマは日産リーフとトヨタ・プリウス、ホンダ・インサイト。趣味はラリーに出場すること。人気のない(本人談)Webサイト(http://kunisawa.net/)を運営中。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる

日本カーオブザイヤー
カー用品・カスタムパーツ
人気記事ランキング

お車の買い替えをご検討中の方へ【車売却ガイド】

車の売却を考えられてる方におすすめする記事です。売却する前に是非参考にしてください!

  • 買い替えでよくある失敗にご注意!

    車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。

  • ネットで複数の買取相場をチェック!

    車に特化した買取店ならディーラーより高額査定を引き出せる場合が多いので、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのが鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込みの電話が掛かってきますのでご注意ください。

  • 営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!

    MOTAの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。

お車の購入をご検討中の方へ【車購入ガイド】

車の購入を考えられてる方におすすめする記事です。購入する前に是非参考にしてください!

おすすめの関連記事

マツダの最新自動車ニュース/記事

マツダのカタログ情報 マツダの中古車検索 マツダの記事一覧 マツダのニュース一覧

トヨタの最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタのニュース一覧

自動車評論家コラムの最新記事

MOTA最新自動車ニュース/記事