autoc-one.jp 記事・レポート 特集 東京モーターショー2015 “RX-7”の再来か?「マツダ RX-VISION」ロータリー復活の狼煙がついに上がった!【TMS2015】

東京モーターショー2015記事一覧。自動車の祭典、東京モーターショー2015の記事一覧です。東京モーターショー2015で注目された車種やカスタムカー、コンパニオン・キャンギャルなど東京モーターショー2015の華やかな雰囲気を楽しんでください!

モーターショー 2015/10/28 13:51

“RX-7”の再来か?「マツダ RX-VISION」ロータリー復活の狼煙がついに上がった!【TMS2015】

“RX-7”の再来か?「マツダ RX-VISION」ロータリー復活の狼煙がついに上がった!【TMS2015】

現在市販車はないけど、ロータリーはマツダにとって大切な存在

世界でマツダだけが実用化に成功したロータリーエンジンは、91年のル・マン24時間レース総合優勝を筆頭にマツダにとってかけがえのないシンボルである。

現在は2012年にマツダ RX-8が生産を終了して以来、ロータリーエンジンを搭載する市販車は販売されていないが、それでもマツダ社内ではロータリーエンジンの開発は続けられており、車好きの間ではロータリーエンジン搭載車の復活を願う声は根強かった。

MAZDA RX-VISION

そういった想いはマツダ社内でも同じだったようで、東京モーターショー前のシルエット写真の公開を経て、ついに「RX-VISION」と名付けられたロータリーエンジン搭載のコンセプトカーがベールを脱いだ。

ピュアなスポーツカーであることは間違えなさそう!

マツダ RX-VISIONのコンセプトはずばり「ロータリーエンジンを搭載した究極のFRスポーツカー」である。

このコンセプトには「ロータリーエンジンでなければできないスポーツカー」という部分も含まれているようで、例えば驚くほどのノーズの低さはロータリーエンジンでなければなし得なかったものに違いない。

MAZDA RX-VISION
MAZDA RX-VISION

大柄な車に見えるマツダ RX-VISIONであるが、ボディサイズは全長4,389mm×全幅1,925mm×全高1,160mmと、コンセプトカーゆえに自由度の高い全幅はともかくとして、意外に小柄だ。2人乗りとなるキャビンはスパルタンなダッシュボードなどが特徴なっており、かつてのマツダRX-7の3代目モデルの雰囲気や思想を思い出させる。

機能面に関してはSKYACTIV-Rと呼ばれる次世代のロータリーエンジンの搭載と、FRであることくらいしか公表されていない。しかしロータリーエンジンに関しては2007年にマツダは16Xという排気量1.6リッター(税法上の扱いは2.4相当)のロータリーエンジンを技術発表しており、ロータリーエンジンの美点であるパワーやスムースさを伸ばしながら、弱点の燃費の悪さなどを克服すべく16Xに直噴化、過給機の装着、ハイブリッド化などといった手を加えてくるに違いない。

ちなみにマツダRX-VISIONのタコメーターを見ると1万回転まで目盛りが振られ、レッドゾーンは9000回転からとなっており、歴代のロータリーエンジンと同様にモーターのように「どこまでも」と感じてしまうほど超高回転域まで気持ちよく回るエンジンであることは間違いなさそうだ。

RX-7やRX-8のような庶民でも手が届くロータリースポーツであることを期待したい!

MAZDA RX-VISION
MAZDA RX-VISIONMAZDA RX-VISION

車を選ぶ際に肝心な車格が予想しにくい「RX-VISION」であるが、4,389mmという全長から考えるとかつてのマツダRX-7級、あるいはエンジンパワーによってトヨタ86やスバルBRZに近いクラスと思われる。

また20マツダブースには世界初のロータリーエンジンを搭載した量産車であるマツダコスモスポーツも展示されており、2017年はコスモスポーツが登場してから50年の記念の年となることから2017年に何らかの動きがあることは十分に考えられる。

プレスブリーフィングでマツダの小飼社長は「市販化に向けて課題は残っているが、マツダの精神である“飽くなき挑戦”の気持ちで開発する」と力強く宣言。まだ謎ばかりのマツダRX-VISIONだが、次のコンセプトカーで見せてくれそうな進化した姿や、ゆくゆくは市販化という過程を、長い目で見守りたいところだ。

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場は調べられましたか?
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一件好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■買取専門店にお願いするのも一つの手
買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車や希少車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、よりディーラー下取りより高く買い取ってもらえる可能性が高いといわれています。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店に査定を依頼できるので便利です。
■【Ullo(ウーロ)】の一括査定なら翌日18:00に査定結果をお届け!
オートックワンの一括査定サービスUllo(ウーロ)ならお申し込みの翌日18:00に、複数買取業者からの査定結果をお届けします。さらに、よく一括査定で聞く、しつこい営業電話などは一切なし。
申込んだら「いつの間にか」査定が終わっています。

マツダ RX-8 の関連編集記事

マツダ RX-8の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

マツダ RX-8 の関連編集記事をもっと見る

マツダ RX-8 の関連ニュース

この記事にコメントする

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

[PR] スペシャルスポンサーリンク

主要出展メーカー・ブランド