レクサス “色と味が変化する”かき氷を販売!? クルマだけでなくスイーツのクオリティも高かった

今年のレクサスのスイーツは“新感覚”かき氷! テーマは“五感”に訴える

毎年なにかと面白い商品で話題を呼ぶ、レクサスのフード・スイーツ・グッズなどを販売するINTERSECT BY LEXUS-TOKYOが、今年も“凄そうな”夏季限定の新メニューを発表した。

その名も、“五感を刺激する新感覚かき氷”「ザ・センシズ」。

味も色も変わるという不思議なかき氷と聞き、早速先行試食会に潜入してきたのでその様子をお届けしよう!

ちなみに前回は“視覚”に訴えることを狙った炙りかき氷だったが、今回はメニュー名にもある通り“五感”に訴えることを狙っているとのことだ。

なお、この夏季限定メニューの販売期間に明確な日数はなく、“涼しくなるまで”提供し続けるそうだ(笑)。

>>食べてみたい!? 新感覚かき氷 ザ・センシズを画像で見る[13枚]

“五感を刺激する新感覚かき氷”とは!? 試食してみた

それでは早速、今の時代にいかにもSNSで“映え”そうな新感覚かき氷「ザ・センシズ」をいただく。一言で言うと「美味くて面白くて新鮮!」といったところか。ちなみに価格は1200円(消費税込み)。

かき氷に乗っているエスプーマを見ると、なんともおぞましい色をしている。これはオートリア原産のグリューナーフェルトリーナーというワイン用のぶどうと、タイ原産のバタフライティーというハーブを一緒に煮込んでエスプーマにしたため。

エスプーマの中に仕込まれた二酸化炭素の粒が、食べる前から弾けていてパチパチとした音を鳴らしていた。もちろん食べている時もパチパチ音は続き、綿状でパチパチ音を楽しめる某お菓子に近い感覚であった。また写真で見る以上に実物はプルプルしていて、無駄のない「ザ・上質なぶどう風味」を感じられる。

これだけでも通常の“かき氷”以上のエンターテインメントが詰まっているが、レクサスがいう“五感を刺激する”はここからだった。いわゆる“味変”というやつだ。

別添えのクエン酸パウダーをかけてみると、一気に爽やかなレモン風味に変わる。これは年々酷くなる猛暑の中、嬉しいサプライズだろう。さらにエスプーマに含まれたアルカリ性と、パウダーのクエン酸が化学反応を起こし、エスプーマの色が紫から赤っぽく変化するという楽しみも。「さすがレクサス、クルマだけでなくスイーツのクオリティも高い」と関心していたが、これで終わりではなかった。

最後は、別添えの赤いミラクルフルーツを食べたあとに、レモン風味状態のかき氷を食べると甘味を楽しむことができるのだ。

本メニューは冒頭でもお伝えしたとおり“涼しくなるまで”提供しているので、なにかとバテやすい夏のひとときの癒しとして、寄ってみてはいかがだろうか。

INTERSECT BY LEXUSについて

「INTERSECT BY LEXUS」は、“都市とつながり、人と人、人とクルマが交わる”をテーマとした、レクサスが考えるライフスタイルを体験できるグローバル規模のブランド活動発信拠点。

インテリアデザイナーの片山 正通氏(Wonderwall Inc.代表)をはじめ、様々な人やブランドとコラボレーションを実施。幅広い分野で、人々が気軽に集い、自分の時間を過ごすことができる場所を目指し、レクサスが考えるライフスタイルを発信している。

また1階では、“街一番のコーヒー”をコンセプトとしたコーヒースタンドや、クルマカルチャーとライフスタイルを提案するエキシビションスペース「Garage」を設置。2階では、“今の時代の東京フード”をコンセプトとしたライブラリーラウンジや、LEXUSが提供するライフスタイルアイテム「CRAFTED FOR LEXUS」のショップが設けられている。

会場詳細

■場所:東京都港区南青山4-21-26

■営業時間

・1F CAFE SHOP & GARAGE:9:00-23:00

・2F BISTRO LOUNGE:11:00-23:00(不定休)

[筆者・撮影:MOTA編集部]

この記事の画像ギャラリーはこちら
野村 浩一(MOTA)
筆者野村 浩一(MOTA)

野村 浩一(オートックワン編集部) 群馬県出身。趣味はバーチャル世界で狩りをすることと、ロックフェスに行くこと。教習所に唯一置いてあった漫画「イニシャルD」を読破し見事に影響を受け、車好きになった。が、走りに行くのにハマったのは首都高。読んで「乗りたい!」と思ってもらえる記事制作を意識し、日々奮闘中。車歴 トヨタ JZX90 チェイサー ツアラーV(MT)⇒トヨタ MR-S(MT)⇒日産 フェアレディZ33(MT・現所有車)。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 奥湯河原 結唯 -YUI-
カー用品・カスタムパーツ
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社がネットで査定し、高値を付けた2社だけから連絡がきますので安心。

おすすめの関連記事

MOTAが厳選するワンランク上の旅宿特集

レクサスの最新自動車ニュース/記事

レクサスのカタログ情報 レクサスの中古車検索 レクサスの記事一覧 レクサスのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる