脚本家嶋田うれ葉さんと自動車評論家飯田裕子さんが行く金沢・加賀への女性ふたり旅|レクサス LC コンバーチブル【PR】(1/4)

レクサスのオープンカーでアートと自然を味わう旅に出た

冬に向かって季節が進んでいることを感じながら、レクサス LC コンバーチブルを走らせ、北陸へと向かった。このモデルは2017年に登場したLC クーペの屋根を開閉できる新型車、ではあるが、“視覚視面”だけでは表現しきない感性を刺激される魅力を持っている。デジタル化やAIまでもが身近な今、EI(エモーショナル・インテリジェンス)=感情に訴えかけるような知性の注がれたモノやコトに改めて価値を見いだす機会や喜びを求めている大人にこそ、LCのような情緒感溢れるモデルとともに旅に出てほしい、と思える時間を過ごすことができた。

助手席に座るのはNHK連続テレビ小説「エール」の脚本家である嶋田うれ葉さん。大仕事を終えた後の束の間の時間、ちょっとしたご縁があってご一緒することに。北陸・加賀は彼女にとって所縁ある場所。そこは私にとって機会があればぜひ触れてみたい伝統工芸や文化が数多くいまも継承されている地でもある。

>>脚本家嶋田うれ葉さんのLC コンバーチブル旅コラムはこちらから

感情を動かされるLCコンバーチブルの姿

「なんて色っぽいクルマなのでしょう!」。嶋田さんの第一印象に私も同感だ。

レクサスのなかでもLCのデザインほど感情を動かされるモデルはない。内外装ともにパーツ一つ、または一部の“面”を切り取って見ても、個々に明確なデザインが与えられているのに、視界を拡げてみるとそれらが一台のクルマとして完成されている。品質は素材のみならず製造面でも高い。そんなクラフトマンシップの精密さが高品質かつ上質なデザインの表現には不可欠だ。

外観は、全高が低く横幅を数値以上にワイドに見せるデザインの特徴を挙げたらキリがない。キリッとしたスポーツカーらしいインパクトを与えつつ、その表情に上品さが漂うのは、ラウンドしたグリルの色とカタチ、そしてサーフェイスの絶妙なバランスの秀逸さのおかげではないか。これにバンパーにまで一連の視覚効果を与えるヘッドライトが、彫りの深いプレスラインの施された伸びやかなボンネットとともにフロント部分を形成。単にダイナミックなだけでなくエレガントさとともに整えられていると感じた。

ホイールベースの伸びやかな“間”は優雅さを、またヒップラインに向かって増すボリューム感はフェンダーあたりで最高潮に達し、力強くスポーティに走る姿を想起させてくれる。

テレーンカーキマイカメタリックというシブめのカラーも素敵だ。ボディに施された陰影が光を味方につけ、昼夜で異なる艶やかな姿を見せてくれる。ルーフには明るいサンドベージュ色のソフトトップが映える。コンバーチブルのコーディネイトは完璧だ。

機能と美しさ、手触りまでこだわったLC コンバーチブルの内装

内装へのこだわりからもLC コンバーチブルを選ぶ理由や価値を発見できる。レクサスはインテリアもエクステリアの一部と考えたという。オープン時は室内もよく見えるため、クーペよりも見映えのするインテリアに仕上げられている。そんな印象を際立たせているのが専用デザインのフロントシートだ。これほど視覚的に心躍る“デザイン”が施されたシートはなかなかない。

もちろん機能性の高さもまさに特筆すべき。ピラーレス設計のコンバーチブルゆえ肩口にはシートベルトガイドが備わるが、こんなところにもレザーとメタルを組み合わせている。さらに後席へのアクセスに便利なウォークインレバーもしかり。また背面にレクサスの“Lマーク”がエンボス加工で施されたヘッドレストには、オープン走行時の快適性を高めるネックヒーターやノイズコントロールシステムを内蔵。細かなデザインと質感への配慮が価値を生むのだ。

>>情感に訴えかけるLC コンバーチブルのデザインを写真で見る

レクサス/LCコンバーチブル
レクサス LCコンバーチブルカタログを見る
新車価格:
1,477万円1,477万円
中古価格:
1,403万円1,678万円
レクサス/LC
レクサス LCカタログを見る
新車価格:
1,327万円1,500万円
中古価格:
818万円1,797.3万円
1 2 3 4 次へ

MOTAおすすめコンテンツ

この記事の画像ギャラリーはこちら
飯田 裕子
筆者飯田 裕子

OL時代に始めたレース活動をきっかけに、クルマへの興味/関心を深め、フリーの自動車ジャーナリストに転身。自動車雑誌への執筆や自動車系TV番組出演などから、活動の場を広げ、現在では女性誌および一般誌、新聞、Web、ラジオ番組でのパーソナリティ、TV、トークショーと活躍の場は幅広い。ドライビングインストラクターとしてのキャリアも長く、自動車メーカーをはじめ、一般企業、保険会社、警視庁などが主催するスクールでの指導にも定評あり。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 山科伯爵邸 源鳳院

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

レクサス LCコンバーチブルの最新自動車ニュース/記事

レクサスのカタログ情報 レクサス LCコンバーチブルのカタログ情報 レクサスの中古車検索 レクサス LCコンバーチブルの中古車検索 レクサスの記事一覧 レクサス LCコンバーチブルの記事一覧 レクサスのニュース一覧 レクサス LCコンバーチブルのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる