autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート レクサス CT200h 試乗レポート/松下宏

試乗レポート 2011/1/31 14:12

レクサス CT200h 試乗レポート/松下宏(1/3)

レクサス CT200h 試乗レポート/松下宏

プリウスとは全く異なる魅力を持つ「CT200h」

レクサス CT200h

レクサスブランドのエントリーモデルとして開発された「CT200h」。

CTとは「クリエイティブ・ツアラー」の略。従来のレクサス車にはないハッチバックタイプのクルマで、HS250hと同様にハイブリッド専用車であることが大きな特徴だ。

搭載エンジンとハイブリッドシステムはプリウス用のTHS-IIが移植されているが、エンジンの吸排気系などには改良が加えられている。

ボディはプリウスと比べ、ホイールベース、全長、全幅、全高の全てが異なっている上、基本骨格から剛性を強化したクルマ作りがなされていて、プリウスとは全く別のクルマへ仕上げられている。

CT200hはスポーティなクルマであることも大きな特徴で、3種類の走行モード(スポーツ/ノーマル/ECO)を選択できるほか、プリウスにはないタコメーターも(モードによって)表示することが可能だ。

レクサス CT200hレクサス CT200h

ハッチバックボディのエクステリアは、レクサスらしさやスポーティさが表現されている。

フロントグリルやその周辺の造形は、ひと目でレクサスと分かるデザインが採用され、主要グレードにオプション設定されるエアロバンパーを装着したモデルは、いかにも走りを主張している。

サイドビューはロングルーフデザインとリアクォーターピラーの造形が特徴的。左右に大きく回り込んだリアウィンドウと合わせて、CT200hならではのデザインに仕上がっている。

ヘッドライトはグレードによってLEDとハロゲンの2種類があるが、ポジションランプは全車にLEDが採用されている。リヤコンビネーションランプのL字型デザインは、LSにも共通するイメージだ。

レクサス CT200hレクサス CT200hレクサス CT200hレクサス CT200hレクサス CT200h

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場は調べられましたか?
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一件好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■買取専門店にお願いするのも一つの手
買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車や希少車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、よりディーラー下取りより高く買い取ってもらえる可能性が高いといわれています。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店に査定を依頼できるので便利です。
■【Ullo(ウーロ)】の一括査定なら翌日18:00に査定結果をお届け!
オートックワンの一括査定サービスUllo(ウーロ)ならお申し込みの翌日18:00に、複数買取業者からの査定結果をお届けします。さらに、よく一括査定で聞く、しつこい営業電話などは一切なし。
申込んだら「いつの間にか」査定が終わっています。

レクサス CT の関連編集記事

レクサス CTの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

レクサス CT の関連編集記事をもっと見る

レクサス CT の関連ニュース

この記事にコメントする

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
編集企画(パーツ・用品)PR