買取りと下取りは何が違う!?クルマを買うとき、今までの愛車はどこで売却すべきか【いまさら聞けないクルマ購入術】

画像ギャラリーはこちら
新しいクルマへの乗り換え、ワクワクしますね。しかし見積もりの値引きのことばかり気にして、今まで乗っていた愛車のことを忘れていませんか。ほんのひと手間で、もっとお得に乗り換えが出来るかもしれませんよ!

今回の「いまさら聞けないクルマ購入術」は、今まで乗っていたクルマをもっとお得に売却する方法について考えます。

目次[開く][閉じる]
  1. クルマの売却には「下取り」のほかに「買取り」という方法があるのをご存じですか
  2. 下取りのメリットとデメリットをおさえておこう
  3. 下取りとどう違う!? 買取店のメリットとデメリットとは

クルマの売却には「下取り」のほかに「買取り」という方法があるのをご存じですか

クルマを買い替えるとき、新しく購入するクルマの値引き額などは気にする人は多いかもしれませんが、意外とおろそかにしがちなのが、今まで乗っていたクルマの売却方法です。

手続き的な面だけを考えるのであれば、新たにやってくるクルマを購入する販売店・ディーラーでそのまま引き取ってもらう、というパターンが一番面倒はないと言えますが、そこで提示される金額が必ずしも高いものとは限りません。

買取りは専門の買取店を上手く活用しよう

今まで乗っていたクルマを売却する方法は、前述のように新しいクルマを購入したところ(新車ディーラー・中古車専門店などの販売店)に引き取ってもらう「下取り」と呼ばれる方法のほかに、純粋にクルマの買い取りを専業とする「買取店」と呼ばれる場所に売却するという選択肢が一般的でしょう。

買取店は、大手チェーンがTVやラジオのCM、インターネットの広告などを常に流しているので、すっかりおなじみの存在となりました。複数の買取店にまとめてオーダーできる一括査定サービスもあるので、便利に活用出来ます。

でも実は、まだ買取店を一度も利用したことがない…そんな人も多いようです。

そこで従来の下取りと買取り店のサービスについて、それぞれのメリットとデメリットを改めて比較してみることにしましょう。

下取りのメリットとデメリットをおさえておこう

全てが1ヶ所で済むから手間いらず

新しくクルマを購入したお店へ、直接下取りを出す場合のメリットとは、やはり前述したように全て1ヶ所で完結するという点が挙げられます。

クルマの購入先と売却先が同じなのですから、納車日当日に売却する愛車に乗って販売店まで行き、新しいクルマに乗り換えて帰ってくることが出来ます。手続きも一括で行うので、売却の煩わしさは皆無と言えます。

下取りは買取りより安い、ってホント!? 一概にそうとは言えない理由とは

一般的に下取りは買い取りに比べて安価になりがちと言われていますが、一概にそうとは言い切れません。

特に新車を購入するときは、値引きができる範囲にも限度があるのですが、車両からの値引きができない分、下取り価格をアップすることでトータルの支払額を抑える、という手法が使われることもあるのです。

これは特に、買取りでは高値が付きにくい古いクルマや不人気車種などで有効な手段となるので覚えておいたほうが良いでしょう。

また、中古車店で次のクルマを購入して下取りをしてもらう場合でも、たまたま下取り予定の車種の中古車を探している顧客がいたりすると、予想以上の好条件が出るケースも少なくありません。

下取りとどう違う!? 買取店のメリットとデメリットとは

好条件の価格提示がしやすい理由

一方の買取店では、多くの店舗で買い取った車両をすぐさま業者向けの中古車オークションへ出品することがほとんど。こうすることで在庫を保管するスペースや車両を維持管理する費用を削減することができるため、買取相場ギリギリの好条件を出しやすいというメリットがあるわけです。

しかしひと口に買取店といっても、店舗によって買い取りの方針や営業体制に違いがあるため、複数の買取店で査定をしてもらうのがベストでしょう。

複数の店舗を巡らずに済む一括査定サービスを活用しよう

とはいえ、いくつもの店舗を回るというのもなかなか重労働ですから、一括査定サイトなどを利用するのもいいかもしれません。

中でも出張査定といって、愛車の査定を自宅や職場まで来てくれる無料サービスもあるので、多忙な方にはお勧めです。

それでも残念ながら、下取りでも買取店でも査定した結果、査定額がゼロだったり、逆に処分料がかかると言われたりするケースもないわけではありません。

ネットオークションなどで個人間売買をすれば、もっと高く売れる!?

査定がゼロの場合でも、ネットオークションなどに出品することで買い手がつく可能性があります。

特にクルマとしての不具合はないけれど、中古車市場での人気が薄いことや、年式が古かったり過走行だったりすることが理由の場合は、とりあえず安いクルマが欲しいという人にマッチする可能性も非常に高いと言えるでしょう。

ただし基本的には個人間売買となるため、諸手続きなどを当人同士でやる必要があります。企業が運営する販売店とは異なり、個人間では詳細な契約書などを取り交わすわけではありません。口約束がトラブルに発展する可能性もゼロではない点には注意が必要です。

その点で個人間売買は、ややハードルが高いのが難点となります。個人間売買を仲介する有料サービスもありますので、特に初心者の場合にはトラブル回避の保険として活用すると良いでしょう。

下取りも買取りも無理な場合には…「廃車買取り」という方法も

そして、ネットオークションでも買い手がつかなかった場合、最後の手段として考えられるのが「廃車買取り」です。

これは事故車や放置車両のように、もはや路上復帰が望めないような状態の車両でも買い取ってくれる(場合によっては不可の可能性もあり)もの。

買い取った廃車は部品ごとにばらされてリサイクルパーツとなったり、車両ごと海を渡って第二の人生を送ったり、スクラップにされて資源となったりと行き先はさまざまですが、車種や状態によっては数万円で買い取ってくれるケースも少なくないのです。

ほんのひと手間が数十万円の差となって返ってくるかも!

このようにクルマを手放すといっても、年式や状態はもちろん、どこに売却するかによって金額は異なってきます。その差額は数万円から数十万円まで幅広いので、まずは複数の場所を回ってみることがよいでしょう。

もしかすると予想以上の額が出るかもしれませんよ。

[筆者:小鮒 康一]

「いまさら聞けないクルマ購入術」バックナンバーをもっと見る!

クルマを買うならどっち? 新車と中古車、それぞれのメリット・デメリットとは

“登録済未使用車”って何!? 新車なの? 中古車なの!?

クルマを購入するなら3月の年度末決算期が狙い目! 1月から動けばさらに吉! 新車値引きのコツも伝授

【N-BOX vs タント】王道軽カー対決! どっちが買い? 人気の軽自動車で内外装徹底比較【前編】

この記事の画像ギャラリーはこちら
小鮒 康一
筆者小鮒 康一

1979年5月22日生まれ、群馬県出身。某大手自動車関連企業を退社後に急転直下でフリーランスライターへ。国産旧車に造詣が深いが、実は現行車に関してもアンテナを張り続けている。また、過去に中古車販売店に勤務していた経験を活かし、中古車系の媒体でも活動中。最近では「モテない自動車マニア」の称号も獲得。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... LUXURY和HOTEL 風の薫
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

【クルマ比較ch】MOTAでは同価格帯の車種の内外装を動画で徹底比較!

MOTAではYoutubeでも、様々な車種の内外装比較動画をアップ! 「悩んでいる車種がある」「購入を検討している」という方は是非チャンネル登録をお願いします!

おすすめの関連記事

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる