【美女の乗るクルマ】-scene:9- ホンダ インサイト × 沢すみれ(1/3)

  • 筆者: 安藤 修也
  • カメラマン:土屋 勇人 Model:沢 すみれ

ミステリアスな妻・沢すみれの真相を確かめるべく、今繰り出す

朝7時40分、妻のすみれが静かに家を出て行く音がする。

百貨店でアパレル店員をしている彼女は、毎日この時間に家を出る。夜型生活の私を起こさぬよう気遣ってくれているので、私も気付かないことが多いが、この日は目が覚めた。だがそのまま息をひそめ、すみれの動きに耳をすませる。そして彼女が家を出たことを確信してから、動き出す。

私は最近の彼女の行動に怪しさを感じている。そしてその真相を確かめるべく、最近購入したばかりの愛車・新型インサイトに乗り、今日は繰り出すことにしたのだ───。

(この物語はフィクションです)

>>ホンダ インサイト × 沢すみれ フォトギャラリー

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

売れないフリーライターの私だが、なんとか都内でクルマを持つくらいは仕事を得られている。愛車として選んできたのは歴代インサイトだ。はじめは99年、次は2009年、そして作年と、私の購入時期とインサイトのモデルチェンジはちょうど10年周期でほぼ同じタイミングだ。このクルマのスタイリングや車格などが時代とともに変わっていくのも興味深く、気に入っている。現行型はエレガントなハイブリッドセダンとなった。仕事のキャリアとともに年齢を重ねてきた今の私にとって、ちょうどいいコンセプト、サイズ感、雰囲気である。

高品位なセダンとなったインサイトの車内に入ると、すみれの匂いがした。昨晩は雨が降りはじめてきたために迎えを頼まれたのだが、なぜか指定の場所は職場のある渋谷でなく六本木で、彼女はいつもとは違う香りを漂わせていた。今朝もまだ雨が降り続いていて、昨晩の彼女のなんともいえぬ香りがほのかに車内に漂っている。それを味わうかのようにして走り出した。

すみれの職場のすぐそばにインサイトを止めると、なんとなく彼女の姿を探す。対象は自分の妻なのに、なんだか罪悪感で胸が苦しい。しばらく街角を眺めていると、その姿を見つけることができた。だが、彼女の姿は、いつもの平凡な人妻とは違っていた。アイラインもルージュも強調されていて、色気の感じられる佇まいだ。まるで、流麗なシルエットで美意識や品格を表現する、この新型インサイトにぴったりの装いである。

このクルマを買う時に、彼女が私にこう尋ねてきたことを覚えている。

すみれ:「このクルマに似合う女性ってどんな人だろう?」

それまで乗っていた先代インサイトは、どちらかというと庶民的な雰囲気漂うモデル。すみれも、当時はファストファッションを好むような、日々の生活においてコスパを気にするような、素朴な女性だった。

「似合う」とはどういう意味かと聞くと、すみれは小首をかしげつつも、はにかんだ笑顔を見せて、こう言った。

すみれ:「だってクルマってある意味、持ち主のアイデンティティでしょう。あなたがこのクルマを選んだってことは、今のあなたはこのクルマの雰囲気を手に入れたいと思っているってことなのよ」

私:「だからって、君とクルマとは関係ない話だ」

それに対して彼女は何も答えず、ただ、ふふふと笑った。彼女の言い分に対してエクスキューズをつけるわけではないが、妻と愛車とは、どう転んでも同じ目線で語れるものではない。だが、私の選択や言動が、彼女の行動の源泉だったことは事実なのだろう。

ホンダ/インサイト
ホンダ インサイトカタログを見る
新車価格:
335.5万円372.9万円
中古価格:
14.8万円349.1万円
1 2 3 次へ
この記事の画像ギャラリーはこちら
安藤 修也
筆者安藤 修也

1976年生まれ。埼玉県出身。ベストカー、CARトップ、GetNaviの各編集部勤務を経て、2010年より清水草一率いるフリーランス集団『フォッケウルフ』に所属。現在は、素浪人エディター&ライターとして、自動車専門誌、一般誌、Webなどで幅広く活動中。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 時音の宿 湯主一條
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

MOTAが厳選するワンランク上の旅宿特集

ホンダ インサイトの最新自動車ニュース/記事

ホンダのカタログ情報 ホンダ インサイトのカタログ情報 ホンダの中古車検索 ホンダ インサイトの中古車検索 ホンダの記事一覧 ホンダ インサイトの記事一覧 ホンダのニュース一覧 ホンダ インサイトのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる