日産 新型スカイライン vs トヨタ クラウンアスリート どっちが買い!?徹底比較(1/3)

  • 筆者: 渡辺 陽一郎
  • カメラマン:日産自動車株式会社/和田清志/茂呂幸正
日産 新型スカイライン vs トヨタ クラウンアスリート どっちが買い!?徹底比較
日産、新型「スカイライン 350GT HYBRID Type SP(2WD)」 日産、新型「スカイライン 350GT HYBRID Type P(2WD)」 日産、新型「スカイライン 350GT HYBRID」 日産、新型「スカイライン 350GT HYBRID」 日産、新型「スカイライン 350GT HYBRID Type P(2WD)」 日産、新型「スカイライン 350GT HYBRID」 日産、新型「スカイライン 350GT HYBRID Type P(2WD)」 日産、新型「スカイライン 350GT HYBRID」 日産、新型「スカイライン 350GT HYBRID Type P(2WD)」 日産、新型「スカイライン 350GT HYBRID」 日産、新型「スカイライン」 画像ギャラリーはこちら

曲がり角に差し掛かっているセダンに、注目のモデルが登場!

日産、新型「スカイライン 350GT HYBRID」
日産、新型「スカイライン 350GT HYBRID Type SP(2WD)」日産、新型「スカイライン 350GT HYBRID」

先ごろ開催された『第43回 東京モーターショー2013』には、市販を前提にしたいくつかの車両が出品された。その顔ぶれを見ると、セダンは寂しい限りだ。注目を集めたのは、トヨタならミニバンの新型「ノア」&「ヴォクシー」、ホンダはSUVの「ヴェゼル」、スバルはワゴンの「レヴォーク」といった具合で、現実味のあるセダンは日産の次期「ティアナ」くらい。今では新車として売られるクルマの約40%が軽自動車で、残りの20~25%はコンパクトカーという状況だから、セダンも曲り角にきている。

このような状況の中で注目されるのが、2013年11月11日に発表された新型スカイラインだ。詳細は発表当日に掲載された「日産 新型スカイライン(ハイブリッド) 新型車解説 [2013年フルモデルチェンジ]」をご覧いただきたいが、新型スカイラインは、V型6気筒の3.5リッターエンジンをベースにしたハイブリッド専用車として登場した。ノーマルエンジンは日本仕様の開発が間に合わず、先代V36型のV6 2.5リッター「250GT」を継続的に売る。

新旧モデルを併売するあたりは、日本のユーザーとして少々割り切れない気持ちを抱く。北米で売られるインフィニティQ50には、ハイブリッドと併せて3.7リッターのノーマルエンジンも用意され、品ぞろえが完成しているからだ。

加えて前出の新型車解説でも述べたように、日本で売るスカイラインにもインフィニティのエンブレムが付く。スカイラインの名声を再び高めたいと暗中模索した結果だろうが、中途半端な印象は拭えない。「インフィニティ・スカイライン」としてのブランド表現が現時点では見えず、ユーザーを納得させるには程遠い状況だ。購入できる時期も遅く、発表は2013年11月なのに「発売」は2014年2月末になる。

意外にライバル車がいない!?

日産、新型「スカイライン 350GT HYBRID Type P(2WD)」日産、新型「スカイライン 350GT HYBRID Type P(2WD)」

曖昧にスタートした感じの新型スカイラインだが、クルマそのものは注目に値する。価格も同様だ。日産は「新型が高価格だから250GTを残した」というが、V型6気筒の3.5リッターエンジンをベースにしたハイブリッドを搭載し、カーナビも標準装着して、350GTハイブリッドが449万6100円ならば割高ではない。先代型の370GTタイプSも、ノーマルエンジンで409万5000円だった。

そこでライバル比較となったが、今回は比較相手を決めるのに悩んだ。エンジンの排気量がピッタリなのはレクサス「GS450h」だが、車両価格は最廉価仕様でも704万円。スカイラインは衝突回避の支援機能などを備えた最上級の350GTハイブリッドタイプSPでも526万4700円だから、車両価格が吊り合わない。日産「フーガハイブリッド」はもう少し安いが、身内同士で比べても仕方ない。クリーンディーゼルターボのマツダ「アテンザXD」は、Lパッケージでも348万2500円だから逆に安すぎる。ホンダ「アコードハイブリッド」も同様で、スポーティー指向ではないからクルマの性格も違う。本来のライバル車はトヨタ「マークX」だが、ハイブリッドやディーゼルはなく、最上級グレードでも390万円だ。

こう考えると新型スカイラインは意外にライバル車がいない。隙間を突いたような価格帯に位置しており、上手に売れば、日本車からBMW「3シリーズ」やメルセデス・ベンツ「Cクラス」に代替えするユーザーを引き付けられるのではないか。ならばやはりインフィニティのエンブレムは不要だろう、などと考えた。

トヨタ 新型 クラウン(14代目)「ハイブリッド アスリート」

ならばBMWと比べるかとも思ったが、スカイラインは日本では伝統のセダン。日本車を相手にしたい。そこで人気車でもあるトヨタ「クラウンアスリート ハイブリッド」を取り上げることにした。

カーナビなどを標準装着したトヨタクラウンアスリートハイブリッドSの車両価格は469万円。これにミリ波レーダー方式の衝突回避支援機能などを含んだアドバンストパッケージ(10万5000円)を加えて479万5000円だ。

対するスカイラインは350GTハイブリッドタイプPで486万3600円。このグレードには衝突回避の支援機能も標準装着される。

1 2 3 次へ

この記事の画像ギャラリーはこちら

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

渡辺 陽一郎
筆者渡辺 陽一郎

1961年生まれ。自動車月刊誌の編集長を約10年務めた後、フリーランスのカーライフ・ジャーナリストに転向。「読者の皆さまに怪我を負わせない、損をさせないこと」が最も重要なテーマと考え、クルマを使う人達の視点から、問題提起のある執筆を心がけている。記事一覧を見る

なかの たくみ (MOTA編集長)
監修者なかの たくみ (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 柳生の庄

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大20社の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

人気記事ランキング
  • 最新
  • 週間
  • 月間

新着記事

話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

日産 スカイラインの最新自動車ニュース/記事

日産のカタログ情報 日産 スカイラインのカタログ情報 日産の中古車検索 日産 スカイラインの中古車検索 日産の記事一覧 日産 スカイラインの記事一覧 日産のニュース一覧 日産 スカイラインのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる