日産 セレナハイブリッド(S-HYBRID) vs ホンダ ステップワゴン どっちが買い!?徹底比較(1/2)

日産 セレナハイブリッド(S-HYBRID) vs ホンダ ステップワゴン どっちが買い!?徹底比較
日産 セレナハイブリッド(S-HYBRID)フロントイメージ 日産 セレナハイブリッド(S-HYBRID)リアイメージ 日産 セレナハイブリッド(S-HYBRID)フロントビュー 日産 セレナハイブリッド(S-HYBRID)リアビュー 日産 セレナハイブリッド(S-HYBRID)サイドビュー 日産 セレナハイブリッド(S-HYBRID)エンジンルーム 日産 セレナハイブリッド S-HYBRIDロゴ 日産 セレナハイブリッド(S-HYBRID)インテリア 日産 セレナハイブリッド(S-HYBRID)1列目シート 日産 セレナハイブリッド(S-HYBRID)2列目シート 日産 セレナハイブリッド(S-HYBRID)3列目シート 画像ギャラリーはこちら

「日産 セレナハイブリッド」と「ホンダ ステップワゴン」、今熱いミニバン2車種の対決!

販売が好調といわれるミニバンだが、今は売れ行きが二極分化して、販売台数が多いのは一部の車種に限られている。人気が高いのは、2リッターエンジンを搭載し背が高く、5ナンバーサイズを基本とするミニバンだ。

「日産 セレナ」はミドルサイズミニバンでは最高峰の販売数を誇り、これに続くのが「ホンダ ステップワゴン」だ。セレナは2012年8月にマイチェンされて「S-HYBRID」と呼ばれるハイブリッドが設定されたばかりだが、ステップワゴンも2012年4月にマイナーチェンジを受けている。

これらミニバンで人気を誇る2車種について、「どちらが買い」なのか対決させてみよう。

日産 セレナハイブリッド(S-HYBRID)フロントイメージ日産 セレナハイブリッド(S-HYBRID)リアイメージ日産 セレナハイブリッド(S-HYBRID)フロントビュー日産 セレナハイブリッド(S-HYBRID)リアビュー日産 セレナハイブリッド(S-HYBRID)サイドビュー
ホンダ ステップワゴン フロントイメージホンダ ステップワゴン リアイメージホンダ ステップワゴン フロントビューホンダ ステップワゴン リアビューホンダ ステップワゴン サイドビュー

【セレナHV vs ステップワゴン 燃費対決】燃費は両車ともさほど変わらず、減税はセレナがやや有利

日産 セレナハイブリッド S-HYBRIDロゴ日産 セレナハイブリッド(S-HYBRID)エンジンルーム

8月の「日産 セレナ」マイナーチェンジで最も注目される点は、前述でもお伝えしたとおり「S-HYBRID」の設定だ。

マイチェン後のセレナ(FF・2WDモデル)では、従来のアイドリングストップ装着車がS-HYBRID仕様へと変更されている。従来のセレナでも、アイドリングストップ時の再始動はオルタネーター(発電機)と兼用のエコモーターで行われていたが、このモーターの最大出力を1kWから1.8kWへと増強して、発進時などのエンジン出力をサポートする。

ただし、1.8kWというモーター最高出力はフィットハイブリッドと比べると18%と小さいものだ。燃費も、従来型に対して1km/Lの向上(JC08モード)にとどまっており、「セレナ 20X S-HYBRID」で15.2km/L(JC08モード)となっている。

マイナーチェンジでタイヤの転がり抵抗も抑えられているから、S-HYBRIDの採用による燃費の低減率は5~6%といったところだろう。

燃費の向上は僅かだが、それでも「減税率の向上」という大きなメリットがある。従来の平成27年度燃費基準+10%が+20%となり、購入時の税額軽減も75%から100%(免税)に拡大。加えて、初回車検時に納める自動車重量税も50%軽減された。

一方、「ホンダ ステップワゴン」で注目すべき変更点は、CVTを刷新して燃費性能を向上させたことだ。燃費は、標準ボディのG・Eセレクション(2WD)が「15km/L(JC08モード)」、スパーダZが「14.8km/L(JC08モード)」。両車とも平成27年度燃費基準+10%を達成し、購入時に支払う税額を75%カットできる。

このほか、横滑り防止装置を全車に標準装着。3点式シートベルトとヘッドレストも全席に付くようになった。1列目シートの中央にテーブルを装着したり、外観を変更するなどの改良も加えられている。

1 2 次へ

この記事の画像ギャラリーはこちら

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

渡辺 陽一郎
筆者渡辺 陽一郎

1961年生まれ。自動車月刊誌の編集長を約10年務めた後、フリーランスのカーライフ・ジャーナリストに転向。「読者の皆さまに怪我を負わせない、損をさせないこと」が最も重要なテーマと考え、クルマを使う人達の視点から、問題提起のある執筆を心がけている。記事一覧を見る

なかの たくみ (MOTA編集長)
監修者なかの たくみ (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... まつさき

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大20社の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

人気記事ランキング
  • 最新
  • 週間
  • 月間

新着記事

話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

日産 セレナの最新自動車ニュース/記事

日産のカタログ情報 日産 セレナのカタログ情報 日産の中古車検索 日産 セレナの中古車検索 日産の記事一覧 日産 セレナの記事一覧 日産のニュース一覧 日産 セレナのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる