クルマでしか味わえない!辺境グルメ旅 特別編「日産 新型ノートで行く房総グルメ旅!」(1/4)

  • 筆者: Art- Foods
  • カメラマン:Art-Foods・オートックワン編集部
クルマでしか味わえない!辺境グルメ旅 特別編「日産 新型ノートで行く房総グルメ旅!」
クルマでしか味わえない!辺境グルメ旅 特別編「日産 新型ノートで行く房総グルメ旅!」 クルマでしか味わえない!辺境グルメ旅 特別編「日産 新型ノートで行く房総グルメ旅!」 クルマでしか味わえない!辺境グルメ旅 特別編「日産 新型ノートで行く房総グルメ旅!」 クルマでしか味わえない!辺境グルメ旅 特別編「日産 新型ノートで行く房総グルメ旅!」 クルマでしか味わえない!辺境グルメ旅 特別編「日産 新型ノートで行く房総グルメ旅!」 クルマでしか味わえない!辺境グルメ旅 特別編「日産 新型ノートで行く房総グルメ旅!」 クルマでしか味わえない!辺境グルメ旅 特別編「日産 新型ノートで行く房総グルメ旅!」 クルマでしか味わえない!辺境グルメ旅 特別編「日産 新型ノートで行く房総グルメ旅!」 クルマでしか味わえない!辺境グルメ旅 特別編「日産 新型ノートで行く房総グルメ旅!」 クルマでしか味わえない!辺境グルメ旅 特別編「日産 新型ノートで行く房総グルメ旅!」 クルマでしか味わえない!辺境グルメ旅 特別編「日産 新型ノートで行く房総グルメ旅!」 画像ギャラリーはこちら

NISSAN NOTEに乗って、美味しいものでも食べに行きませんか

クルマでしか味わえない!辺境グルメ旅 特別編「日産 新型ノートで行く房総グルメ旅!」

そのクルマを初めて目にしたのは、まだエアコンの温度設定が冷房ゾーンの季節だった。信号待ちでちょうど前に停まったそのクルマは、なんだか国籍・メーカー共に不明なカンジで「う~む、いったいナニ?」とよく見れば「NISSAN(ニッサン)」「NOTE(ノート)」の文字が……。

そんな「日産 新型 ノートを試乗しつつ、グルメなドライブを」という願ってもない企画に、ボクはすっかりノリノリになってしまった。えへ、行ってみたいところはたくさんあるけどね。でもやっぱりクルマのインプレッションもしっかり体感できて表現できるドライブコースというのも、実はそうカンタンなものなのではなくて、しかもグルメが絡んでくるとちょいとばかしアタマをヒネらなければいけないのよ。

後席の広さ、室内の静かさはクラスを超える実力

クルマでしか味わえない!辺境グルメ旅 特別編「日産 新型ノートで行く房総グルメ旅!」

師走に入ったばかりの都内を出発したときは、今にも雨が降り出しそうな曇天。銀杏がすっかり黄金色になった東京タワー周辺をクルリと回ってみれば、このクルマが既に都会に馴染んでいるのが解った。

見やすいメーターパネル、死角も少なく、見切りのよいグラスエリアが初めて乗ったクルマであることを忘れさせてくれる。そして運転者や助手席の同行者を犠牲にすることなくリッパに確保された後席のスペースに驚愕するボクだ。

まるで大型ワゴン車に乗っているかのようなニースペースだけではなく、ミョ~な揺れやコモリ音のない空間が、快適なドライブを予感させた。

実際静かなので、この新型ノートに搭載されている「アイドリングストップ機能」に全く気づくことなく休憩ポイントまで走ってしまったのはちょっと恥ずかしいくらいだった。ボクが鈍感なだけか? いや、そーじゃないでしょ…走行時の騒音が抑えられているだけでなく、全ての雑音がシャットアウトされた完成形、スゴいぞ。

クルマでしか味わえない!辺境グルメ旅 特別編「日産 新型ノートで行く房総グルメ旅!」

まず目指すのは「三井アウトレットパーク木更津」だ。

今年の春にオープンしたばかりのソコには、なんだか旨いラーメン屋さんがあるという。いいじゃんいいじゃん。

スパッと東京湾アクアラインを走りきって、まずはブランチにラーメン!

実にステキなコースではないか。

[つけ麺の名店へドライブ!・・・次ページへ続く]

1 2 3 4 次へ

この記事の画像ギャラリーはこちら

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

Art- Foods
筆者Art- Foods

1958年静岡県清水市(現・静岡市)生まれ。富士宮市在住。静岡大学教育学部美術科卒。料理はアートだ!とお皿をキャンバスにしてユルい食文化を綴り描く。クルマはルノーを二台・・・仕事にはカングー、そしてプライベートはメガーヌと使い分け、フレンチのエスプリを楽しんでいる。自身のサイト「artなfoodsのDiary」は間もなく1800日を超えるエントリー。記事一覧を見る

なかの たくみ (MOTA編集長)
監修者なかの たくみ (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 奥湯河原 結唯 -YUI-

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大20社の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

人気記事ランキング
  • 最新
  • 週間
  • 月間

新着記事

話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

日産 ノートの最新自動車ニュース/記事

日産のカタログ情報 日産 ノートのカタログ情報 日産の中古車検索 日産 ノートの中古車検索 日産の記事一覧 日産 ノートの記事一覧 日産のニュース一覧 日産 ノートのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる