autoc-one.jp 記事・レポート 特集 東京オートサロン2018 ダイハツが遊べるクルマの新提案、アウトドアのパートナーにはもってこい【東京オートサロン2018】

チューニング・ドレスアップの総合展示会、東京オートサロン2018 特設ページ

東京オートサロン2018 カスタムカー記事一覧。チューニング・ドレスアップの総合展示会、東京オートサロン2018のカスタムカー記事一覧です。

モーターショー 2018/1/12 18:37

ダイハツが遊べるクルマの新提案、アウトドアのパートナーにはもってこい【東京オートサロン2018】

ダイハツ ハイゼットカーゴDeck van Activever.
ダイハツ ブーン アクティブverダイハツ ハイゼットトラックジャンボアクティブverダイハツ ハイゼットトラックジャンボアクティブverダイハツ ハイゼットカーゴDeck van Activever.画像ギャラリーはこちら

ダイハツが海、山、川とアクティブに遊べるクルマを提案

東京オートサロン2018にダイハツがアウトドア向けに遊べるコンセプトカーカテゴリーが「アクティブ」だ。

アクティブはベース車のそれぞれが持つ高い実用性、機能性を生かしながら、アウトドアのパートナーとして遊べる車に仕上げることをテーマとしている。

アクティブな軽って、楽しそう![画像ギャラリー]

ブーン アクティブバージョン

ダイハツ ブーン アクティブver

ブーンの標準モデルをオーバーライダー(フェンダーの黒い部分)や各種ガードの装着、最低地上高のアップなどにより、実用車にSUVの要素を加えたクロスオーバーモデル。車重が軽くもともとの機動力が高そうなブーンだけに、このコンセプトモデルが市販化されれば案外需要はあるかもしれない。

ハイゼットトラック ジャンボ アクティブバージョン

ダイハツ ハイゼットトラックジャンボアクティブver

軽トラック「ハイゼット」のキャビン後ろに、2シータースポーツカーの後方スペースのような荷物を置ける空間を加えたハイゼットジャンボに、塗り分けされたカラーリング、ローダウン、ホイールやバンパーの変更などが施されている。

最も注目したいのは荷台のカバーで、ハイゼットジャンボ アクティブバージョンなら、2人が乗り「手荷物はシート後方、濡れると困る遊び道具などは荷台に置く」といった使い方もできそう。荷台のカバーだけでも市販されるとそれなりに人気が出そうだ。

ハイゼットカーゴデッキバン アクティブバージョン

ダイハツ ハイゼットカーゴDeck van Activever.

ハイゼットにかつてトヨタbBにあったオープンデッキのような荷台を持つハイゼットカーゴデッキバンに最低地上高アップを施し、補助灯や作業灯、ルーフボックス、オフロードタイヤを装着した。

カラーリングは釣り具ブランド「ツララ」とのコラボレーション仕様に。数人で釣りなどのアウトドアに行くには車外に置きたい荷物の置き場に加え、ルーフボックスという荷物置き場もある楽し気で頼りなるパートナーとなりそうだ。

[Text:永田 恵一]

筆者: 永田 恵一

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!
オートックワンの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。

東京オートサロン2018 人気記事ランキング

オートックワンのモーターショー特集

ダイハツ ブーン の関連編集記事

ダイハツ ブーンの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ダイハツ ブーン の関連ニュース

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
東京オートサロン2018 美女図鑑
オートックワンのおすすめ特集
編集企画(パーツ・用品)PR