アウディ 新型Q5/SQ5 試乗&解説|人気SUVの2代目はフルモデルチェンジで“深化”を遂げた

一見するとキープコンセプト、しかし実は変化も大きい新型Q5の外観デザイン

2008年に登場し、日本にも2009年より導入された初代アウディ Q5は、世界で累計販売台数は160万台を超えるほどのヒットモデルとなった。ここ10年で急激に伸びたミッドサイズSUV市場においても、かなり成功した1台といえる。

そして迎えたフルモデルチェンジ。むろん中身は一新されており、実は一見するとキープコンセプト色の濃いデザインもだいぶ変わっている。

このところアウディは他の車種でも同様に、ガラリと変えるのではなく、面影を残しつつ洗練度を深める手法を採っているが、Q5もその流れに即している。ただし、ショルダーに前端から後端まで1本通ったキャラクターラインをはじめ、よりワイドになったシングルフレームグリル、LEDを駆使したライト類、流れるダイナミックターンインジケーターなどは、新型Q5ならではのアイキャッチである。

>>新型アウディ Q5/SQ5は、どこがどう変わった?

新型Q5はバーチャルコックピットの採用など室内にも最新テクノロジーを満載

新型Q5のインテリアも、水平基調でクリーンなデザインや、ドライバー中心のレイアウトを踏襲しているが、こちらもアウディならではのバーチャルコクピットや、新しくなった「MMIタッチ」、大幅に強化されたコネクティビティなど新型Q5ならではの機能が与えられている。

インターネット常時接続が可能で、スマートフォンの環境をそのまま車内に持ち込んだり、専用アプリを通じてクルマのさまざまな機能を利用することもできる。たとえばドアの施錠や開錠、駐車位置の確認、ひいては走行距離やガソリン残量、ドアの施錠や窓の開閉状況などもスマートフォンで確認できてしまう。これは重宝しそうだ。

オーディオも、バング&オルフセンによる、3次元の音響を演算して再生するという非常に高性能な3Dサウンドシステムが用意されている。755W16チャンネルのアンプに、19個ものラウンドスピーカーを組み合わせているというから驚きだ。

もともと同クラスの中でも広いほうだった室内空間も、さらに広くなっていて、頭上も横方向の余裕がある。後席も成人男性が座ってもまったく問題ない。クラストップレベルであることは間違いない。

アウディの伝統にのっとりスクエアな形状とされたラゲッジスペースは、タイヤハウス後方が横幅を稼ぐためにややえぐられている。見た目がスッキリとしていて質感も高く、荷物を積み降ろしすることまでも楽しみになってしまいそう。テールゲートを足の動きで自動的に開けられるイマドキの機能ももちろん付いている。後席を立てた状態で初代Q5よりも10リットル拡大した550リットルの容量は、A4アバントよりも40リットル大きい。

>>アウディ Q5のカタログを見る

新プラットフォーム“MLB evo”採用で新型Q5/SQ5の走りはどう進化したのか

新型Q5は、走りについても、すべてにおいて進化を遂げている。土台には従来の進化版であり、新世代のA4より導入した新しいモジュラープラットフォーム“MLB evo”を採用。これと軽量化の努力により初代に比べると日本仕様の2.0TFSIクワトロで60kg、SQ5で70kgも軽くなっている。

サスペンション形式は、前後とも5リンクになった。2.0TFSIクワトロにはダイナミックサスペンション、SQ5にはダンピングコントロール付スポーツサスペンションが標準装備される。

新型Q5に搭載されるエンジンは、2.0TFSIクワトロが2リッター直列4気筒ターボを踏襲。いっぽうハイパフォーマンス版のSQ5は、3リッターV6である点は不変だが、過給機をスーパーチャージャーからターボチャージャーに変更し、トルクを増しつつ燃費を改善させている。トランスミッションは、2.0TFSIクワトロが7速DCT“Sトロニック”であるのに対し、SQ5は8速AT“ティプトロニック”となる。

Q5の2.0TFSIクワトロだって、最高出力252ps、最大トルク370Nmを発揮するのだから遅いわけがない。十分すぎるほど力強い加速性能を身に着けている。

さらに同354ps/500Nm を誇る新型SQ5になると、特別なクルマをドライブしていることを乗り手にアピールするかのような、高性能SUVとしての価値を伝えてくる。低く太く響く、いかにもパフォーマンスの高そうなエンジンサウンドを楽しめるのも、SQ5の魅力のひとつだ。

スポーティなフットワークはさらに“深化”、クワトロシステムもオフロード性能を向上させた

アウディらしいスタビリティが高くスポーティなフットワークも、さらに深化した。新型Q5とSQ5、いずれをドライブして感じるのは軽さ。実際の車両重量は素の状態で1820kgと1930kgだが、とてもそんな感じがしない。

もともとアウディはステアリングレスポンスには定評があり、初代Q5も俊敏性は高かったが、新型Q5はより応答遅れがなく、タイヤの踏面がより理想に近い形で路面に接地している感覚があり、ステアリング舵角の大きい領域でも安定して高いグリップ感を得ることができている。

このあたりは、新しいプラットフォームやサスペンションが効いていることに違いない。電制ダンパーを持つSQ5は、そこに柔と剛の両面を併せ持った、よりフトコロの深い乗り味となる。SUVながらコーナリングパフォーマンスも相当にハイレベルだ。

クワトロシステムには、低負荷では前輪駆動とし、リアに伝達する駆動力を断絶して抵抗を減らし効率を高めたり、水たまりなど急に滑りやすい路面を通過した瞬間、人の認知よりも素早くそれを検知して、必要なときにはすでに4WDになっているようにするなどの新しい機構を採用している。また、ドライブセレクトには、常時4WDとなるオフロードモードを設定している。

一部の先進安全装備は遅れての導入だが待つ甲斐はある!

今や欠かせない先進安全装備についても、アウディの最新モデルらしく機能は非常に充実している。アウディプレセンス シティ(歩行者検知機能付き自動ブレーキシステム)やアウディプレセンスベーシック(危険察知で乗員保護機能を自動的に作動)は全車に標準装備となる。だがアクティブレーンアシスト(65km/h以上の車線維持)と、自動運転でレベル2に相当する“トラフィックジャムアシスト”機能付きアダプティブクルーズコントロール(ACC)については、事情により年末にならないと国内導入されないとのこと。率直に申し上げて、新型Q5・SQ5の購入検討者はそれまで待ったほうが賢明だ。

ヒットモデルの2代目として、すべてにおいて大きく進化をはたし、高い付加価値を身に着けた新型Q5は、またしてもさらなるヒットを予感させる、素晴らしい仕上がりであった。

[レポート:岡本幸一郎/Photo:茂呂幸正]

アウディ 新型Q5、SQ5 主要スペック表

アウディ Q5/SQ5 スペック表
グレード Q5 1st edition SQ5
価格 7,040,000円(消費税込) 8,870,000円(消費税込)
全長 4,685mm 4,685mm
全幅(車幅) 1,900mm 1,900mm
全高(車高) 1,665mm 1,635mm
ホイールベース 2,825mm 2,825mm
乗車定員 5名 5名
車両重量(車重) 1,820kg 1,930kg
駆動方式4WD4WD
エンジン 直列4気筒DOHCインタークーラー付ターボチャージャーガソリン直噴エンジン V型6気筒DOHCインタークーラー付ターボチャージャーガソリン直噴エンジン
排気量 1,984cc 2,994cc
エンジン最大出力 185kW(252PS)/5,000-6,000rpm 260kW(354PS)/5,400-6,400rpm
エンジン最大トルク 370Nm(37.7kgf-m)/1,500-4,500rpm 500Nm(51kgf-m)/1,370-4,500rpm
燃料 無鉛プレミアム 無鉛プレミアム

【動画】The all-new Audi Q5 CM[アウディジャパン]

アウディ Q5の関連記事

[海外試乗]都会派SUVの代表格アウディ Q5、新型はオフロード性能までも手に入れた

アウディ 新型Q5|初のフルモデルチェンジで安全装備も備えた2代目は、on・offどちらでも楽しめるクルマに

アウディが新型Q5誕生を記念した限定モデル「Q5ファーストエディション」発売

アウディ、プレミアムミッドサイズSUV「Q5」を8年ぶりにフルモデルチェンジ

他の試乗レポートもみてみる

アウディ R8/TT RS試乗レポート|サーキットでアウディスポーツの本質を体感!

アウディQ2 1.0TFSI SPORT 試乗レポート|美しくユニークなアウディ最小のコンパクトSUV

新型 アウディ A5 Sportback(スポーツバック)の研ぎ澄まされた機能美にハートを射抜かれた!

トヨタ 新型ハイラックスを徹底試乗&評価|四駆トラックの懐かしい運転感覚が新しい需要を開拓

ホンダ 新型ステップワゴンスパーダ ハイブリッド 試乗|マイナーチェンジでハイブリッドと”派手”顔を手に入れてライバルに猛追

アウディ/Q5
アウディ Q5カタログを見る
新車価格:
649万円776万円
中古価格:
106万円689.8万円
アウディ/SQ5
アウディ SQ5カタログを見る
新車価格:
910万円910万円
中古価格:
249.2万円789.9万円
この記事の画像ギャラリーはこちら
岡本 幸一郎
筆者岡本 幸一郎

ビデオ「ベストモータリング」の制作、雑誌編集者を経てモータージャーナリストに転身。新車誌、チューニングカー誌や各種専門誌にて原稿執筆の他、映像制作や携帯コンテンツなどのプロデュースまで各方面にて活動中。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... きたの風茶寮
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社がネットで査定し、高値を付けた2社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

MOTAが厳選するワンランク上の旅宿特集

アウディ Q5の最新自動車ニュース/記事

アウディのカタログ情報 アウディ Q5のカタログ情報 アウディの中古車検索 アウディ Q5の中古車検索 アウディの記事一覧 アウディ Q5の記事一覧 アウディのニュース一覧 アウディ Q5のニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる