autoc-one.jp 記事・レポート エンタメ はたらくクルマ 万能車

はたらくクルマ 2010/11/11 15:20

万能車

万能車

働くクルマをはじめ、優れた道具は用途が限定される場合が多い。

切るなら切る、削るなら削るといった具合に、ひとつの作業に特化されているものがほとんどです。とくにプロ御用達品となるとなおさらでしょう。

ところが、この万能車はちょっと違います。

トンネル内の清掃をはじめ、草刈り、雪氷対策など、数種類の作業を1台のクルマでこなすことができるのです。しかも、作業の内容は特殊なものばかり。

「おいおいマジかよ」と疑いたくなりますが、本当のことなのです。ネクスコ東日本の万能車が、このような万能な働きをするカギはクルマ本体にあります。

ウニモグ。働くクルマフリークにはお馴染みのクルマを使用しているのです。

ウニモグは1940年代にメルセデス・ベンツが開発した多目的作業用トラックで、専用の各種アタッチメントを付け替えることにより、数多くの種類の作業をこなすことができます。

今回ご紹介するネクスコ東日本の万能車をはじめ、JRでは軌道を走れるようなアタッチメントをつけたウニモグが活躍していますし、農作業を行うウニモグなど、その万能ぶりは予想以上。海外では軍用車としても用いられているのです。

ネクスコ東日本が所有するウニモグには、先程も紹介したとおり、トンネル内の側面や照明を清掃するトンネル側壁洗浄機とトンネル照明灯具清掃機、ガードレール下の草刈りを行なうせんてい機、凍結防止の薬剤を散布する器具、雪かきを行なうスノープラウなどのアタッチメントが用意されています。

今回取材させていただいたときはトンネル照明灯具清掃機が付いていました。

今回取材した万能車、ウニモグは2001年式。

エンジンは5.9リッターのディーゼルで最高出力は156馬力あります。

100km/h超の高速走行から作業を行なうときに用いる歩く速さくらいの微速走行をこなすために、変速機は20数段あるそうです。ちなみに、あまりに多いため、担当者も正確な数値を知りませんでした。

車両本体だけで2000万円程度するクルマですが、40以上ある事務所のうち、トンネルを持っているところはたいがい所有しているそうです。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!