自走式標識車 | 働く車 【オートックワン】

記事・レポート エンタメ はたらくクルマ 自走式標識車

自走式標識車

よく見かける大きな電光掲示板を背負ったはたらくクルマ!

高速道路での点検や補修には危険がいっぱい。

高所や夜間の作業も多く、しかも、いつ何時、時速100kmで走行しているクルマが自分たちのところに飛び込んでくるかわかりません。

実際に、追突による事故は少なくないそうです。そのため、作業には細心の注意が求められます。

そこで活躍するのが自走式標識車。大きな電光掲示板で後方から来るクルマに注意を促す働くクルマです。

作業現場などで車線変更や減速などをスムーズに行なってもらうために、注意を喚起する表示を掲示します。


今回ネクスコ東日本で取材した自走式標識車は2トン級のトラックがベースです。

トラックの荷台には大型の電光掲示板と、それに電気を供給する発電機が備わっています。自走式の電光掲示板と思えば、それが正