autoc-one.jp 記事・レポート お役立ち 教えてMJブロンディ 新木場~城南島を結ぶ「東京ゲートブリッジ」が開通!この開通って、一体どんなメリットがあるの? 2ページ目

自動車用語 2012/2/13 18:16

新木場~城南島を結ぶ「東京ゲートブリッジ」が開通!この開通って、一体どんなメリットがあるの?(2/2)

Text: 清水 草一 Photo: 清水草一
新木場~城南島を結ぶ「東京ゲートブリッジ」が開通!この開通って、一体どんなメリットがあるの?

東京ゲートブリッジ建設の目的は?

東京ゲートブリッジ

開通した2月12日は日曜日だったため、通行車両の大部分は観光目的のマイカーだった。

しかしこの道路、平日はほとんどが大型貨物車になり、「周りは全部トレーラー」という状態に、乗用車は強い圧迫感を感じるはず。

ゲートブリッジの歩道も、週末はいいが、平日に来ると轟音を立てて疾走するトレーラーたちに圧倒されるだろうから、その点は覚悟していただきたい。観光で行くなら週末がオススメだ。

正直、歩道がブームになるのは開通当初だけで、徐々に客足は遠のくだろう。しかし、ドライブがてらクルマで橋を渡ったり、下を観光船でくぐったりは、一度は体験してみたい。

このゲートブリッジ、建設の主目的はあくまで「東京港の機能強化」であり、「貨物輸送の円滑化」だ。この完成によって、臨海副都心部の混雑も緩和される。副産物として、週末には多くの観光客が訪れる。

課題もある。ゲートブリッジの交通量が増えれば、新木場の交差点がパンクする恐れがある。現在、立体交差工事が進んでいるが、開通はまだしばらく先だ。

東京ゲートブリッジ誕生の裏にある「国道357号線」の存在

東京港トンネル

もともとこの道路が建設された背景には、国道の建設が遅々として進まないという事情があった。

首都高湾岸線に並行する国道357号線の高架部が、都内湾岸地区でほとんど未完成で、しかも東京港トンネルは首都高に乗らなければくぐれない。

それにシビレを切らした東京都が、港湾道路で補おうと考えたのが裏事情なのだ(建設予算は都と国、両方から出ている)。

東京港トンネルに関しては、ようやく並行する国道の工事が始まったが、あまりにも遅すぎる。

こういった、高い経済効果が確実に約束されている公共事業には、積極的に税を投入し、それによる税収増を目指すのが、「国家の経営」というものではなかろうか?

ゲートブリッジは、東京都主導で建設されたわけだが、国もその後に続き、国道357号線の整備を進めていただきたい。

筆者: 清水 草一
オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!