autoc-one.jp 記事・レポート お役立ち 教えてMJブロンディ 海外専用モデルが作られる理由は?

自動車用語 2011/9/18 00:00

海外専用モデルが作られる理由は?

海外専用モデルが作られる理由は?

海外専用モデルが作られる理由は?

先日、日本車の海外サイトを見ていて、日本でも売られている車が英語やフランス語、ドイツ語で書かれていて、世界で販売されているんだなとつくづく思いました。

その海外のサイトをよく見てみると、日本のメーカーなのに、日本で販売がされてない海外のみの車種がありました。中には日本での販売名と同じなのに、外見や内装、装備や価格帯が違うものもありました。

なぜ、日本と海外で、同じ日本メーカーが別の商品を展開しているのでしょうか。

アメリカでのピックアップトラック販売はわかりますが、日産のアルティマやマキシマ、ホンダのクロスツアーなど、日本で販売しても売れそうと思うものがいくつもあります。

何か事情があったりするのでしょうか。教えてください!!(乙さん)

其の疑問、MJブロンディがお答えいたします!

海外で売られている海外専用の国産車を見て、つい欲しくなるのは、クルマ好きの性(さが)のようなものでしょう。

私が学生の頃、アメリカではブルーバードのV6モデルが売られていると聞いて、非常に羨ましく思いました。乙さんの思いも多分同じじゃないでしょうか。

もちろん中には、日本に導入しても、それなりに売れるモデルもあると思います。しかし、残念ながら、多くのモデルは、まるで売れないでしょう。

なぜならそれらのクルマは、その地域で売れるように、専用に開発されているからです。

日産 アルティマ
日産 アルティマ日産 アルティマ

たとえば北米で売られているアルティマ。サイトの写真はともかく、実物を見るとかなり大味です。

アメリカの広い大地では、緻密すぎるデザインは縮こまって見えてしまうので、これくらい大味な方がいいのです。

アメリカで欧州車があまり売れないのは、デザインが緻密すぎる面があるからだと私は思います。

で、この大味なアルティマを日本に持ってきても、ティアナとモロにバッティングしますし、デザインは大味ですし、わざわざ右ハンドル仕様を作って、その投資を回収できる可能性は極めて低いでしょう。

ホンダ アコードクロスツアーホンダ アコードクロスツアー

ホンダのクロスツアーなど、その最たるもので、全長は約5メートル。デザインは猛烈に大味な、まさにアメリカンなクルマです。

実物を見るとまるでバケモノで、腰が抜けます。ま、ある意味個性的ですが、日本ではほんの一部のマニアが買うのみでしょう。それは断言できます。

ホンダはかつて、アメリカ・オデッセイを「ラグレイト」という名前で日本に導入しました。

これはデザインも緻密で、とても魅力的なクルマでしたが、結局大きすぎて、日本ではサッパリ売れませんでした。

というわけで、海外専用モデルには、海外専用になっている理由がちゃんとあるのです。それはつまり「売れないから」です。

MJブロンディの「ひとりごと」

逆に日本のミニバン、たとえばミニバンのベストセラーであるセレナやヴォクシー/ノアは国内専用。海外では売られていません。

海外では、ああいったサイズ(5ナンバー)の、ああいうタイプのクルマの需要はないのが実情です。日本ではあんなに売れてるのに。

どんなに世界のグローバル化が進んでも、それぞれの国情にあったクルマというのは、たぶんなくならないでしょう。

自動車評論家MJブロンディこと清水草一氏に聞きたいことを受付中!

自動車評論家、清水草一(MJブロンディ)が、みんなの疑問に面白く答えてくれる自動車用語解説。みなさんのクルマに関する疑問についてアンケートを実施しておりますので、皆さんドシドシご応募下さい!

https://service.autoc-one.jp/mypage/article/message_detail?no=112

マイページにログイン」→「マイページトップ」→「マイページの最新情報」にある【アンケート】から投稿頂くことができます。

筆者: 清水 草一
オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!