autoc-one.jp 記事・レポート お役立ち 教えてMJブロンディ 3.11の大渋滞はなぜあれほど酷くなったの?

自動車用語 2011/4/14 09:50

3.11の大渋滞はなぜあれほど酷くなったの?

3.11の大渋滞はなぜあれほど酷くなったの?

3.11の大渋滞はなぜあれほど酷くなったの?

東日本大地震発生時の東京の渋滞状況

東日本大地震の日は、東京も大パニックでした。車で家に帰った私は、あまりの大渋滞の酷さに、このまま車内で死ぬのではないか、とも考えたほどでした。

あの地震の揺れで、電車が停まったことで多くの人が気が動顛して、急遽、車利用者が増えて一斉に帰路したことが、今回の大渋滞の原因だと思うのですが、ブロンディさんは他にどんな原因があるとお考えですか?やっぱり東京の道にも大きな原因があったのでしょうか?(リザーブさん)

其の疑問、MJブロンディがお答えいたします!

リザーブさん、仮に渋滞の車内で猛烈なピンチが迫ってきたら、とにかくクルマから一旦降りることを考えてみてください。もちろん、降りれば助かるというものでもないですが、渋滞にはまっていると身動きが取れず、なにもできませんから……。

知り合いの親戚の女性(岩手県陸前高田市在住)は、大地震直後、大津波警報が出たため職場からクルマで逃げたものの、海から遠ざかる方面の道路は大渋滞でまったく動かず、仕方なく逆方向の、海沿いに山を登る道を選んで助かったそうです。多数の方が渋滞にはまったまま、津波に飲まれてしまったわけです。それを思うと慄然とします。

ところで東京の大渋滞ですが、これはある意味当然で、起こるべくして起きたものです。なにしろ、鉄道がほとんどすべて止まってしまった。移動手段はクルマとわずかなバスのみ。それでも、東京に通勤している人の7割はなんとか帰宅しています。

ふだん電車で通勤している人が、動かせるクルマがあれば相乗りしたり送迎してもらったり、あるいは徒歩や自転車などでなんとか帰宅したと思われます。

加えて、当日は首都高が全面的に通行止めになってしまった。首都高は、面積では都内の幹線道路の10%を占めるに過ぎませんが、交通量は30%を受け持っています。それが通行止めになれば、一般道は即座に交通量が30%増えることになります。

このふたつの要因が重なって、恐らく都内の一般道の交通量は、ふだんの2倍程度に達したのではないでしょうか。道路には交通容量というものがあり、もともと東京では、その容量ギリギリくらいのクルマが走っています。

この交通容量というヤツは不思議なもので、容量を5%越えるとたちまち渋滞が発生し、10%越えたらもう大渋滞になってしまうのです。それが100%増えてしまったらどうなるか?所要時間はふだんの約10倍レベルまではねあがります。

あの日の所要時間は、おそらくふだんの10倍くらいだったでしょう。なにしろ東京都内には、約1000万人もの人が通勤してきています。震災当日の東京の大渋滞の原因は、移動手段がクルマだけになってしまったこと。加えて首都高が通行止めになったこと。それに尽きます。

MJブロンディの「ひとりごと」

ちなみに首都高では、目安としては交通量が5%増えると渋滞は50%増え、交通量が10%増えると渋滞は100%増加、つまり2倍になります。交通容量ギリギリの混雑した道路では、少しクルマが増えただけで、渋滞は激増するのです。

逆に交通量が10%減れば、渋滞は消滅します。このところ首都高はほとんどガラガラ状態ですが、それは震災の影響で経済活動が低下して、例年より交通量が10%くらい減っているからだと思われます。

自動車評論家MJブロンディこと清水草一氏に聞きたいことを受付中!

自動車評論家、清水草一(MJブロンディ)が、みんなの疑問に面白く答えてくれる自動車用語解説。みなさんのクルマに関する疑問についてアンケートを実施しておりますので、皆さんドシドシご応募下さい!

https://service.autoc-one.jp/mypage/article/message_detail?no=112

マイページにログイン」→「マイページトップ」→「マイページの最新情報」にある【アンケート】から投稿頂くことができます。

筆者: 清水 草一
オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!