記事・レポート お役立ち 自動車用語 車の値段はどのように決まっているの?

車の値段はどのように決まっているの?

Text :
車の値段はどのように決まっているの?

車の値段はどのように決まっているの?

車の価格はどのように決まっているのですか? 新車から新古車になると、途端に値段が下がります。大して傷んでいるわけでもないのに、こんなに下がるのはどうも解せません。

いろいろな段階を経て、私たち消費者が支払う小売価格が設定されているのは分かるのですが、大まかに言って車の値段というのはどのように決まっているのでしょうか。

トヨタが三割下げます!と宣言してるようですが、その値段でできるのであれば、始めから安くしてもらいたいものです。平均年収が下がり始める昨今、消費者もシビアな目で自動車との付き合い方を考えています。(ヤマグチさん)

其の疑問、「MJブロンディ」がお答えいたします!

ヤマグチさんはどんな業界で働いてらっしゃるでしょう。恐らくご自分の業界の値段のことについてはよくご存知だと思います。

あらゆる業界に共通して、商品の値段は「最大の競争力と最大の収益性」を目指して決定されます。特に自動車はモデルごとの投資額が莫大で、その分大量生産によるコストダウン効果が大きいので、値付けは一種の賭けです。

たとえば、ライバル車の価格が200万円だとします。こっちも200万円で売ると、月に3000台くらいの販売台数が見込めて、5年間で若干黒字になると予測したとします。でも190万円にすれば、1万台売れるかもしれない。そうすれば大量生産効果が出てコストがドカンと下がり、かえって収益性が上がる。では190万円にしよう。ところがフタを開けてみたら、月3500台しか売れなかった。

10万円の値下げでは競争力の向上度合いが足らず、収益性は大幅に悪化して赤字になった――。もちろんこの逆もあります。クルマの値段はそうやって決められています。どれだけ売れるかわからないので、クルマの正