autoc-one.jp 記事・レポート お役立ち 教えてMJブロンディ 【高速道路】ヒトラーが造った「アウトバーン」

自動車用語 2010/2/24 11:02

【高速道路】ヒトラーが造った「アウトバーン」

Text: 清水 草一 Photo: 清水草一
【高速道路】ヒトラーが造った「アウトバーン」

【高速道路】ヒトラーが造った「アウトバーン」

ドイツ アウトバーン

ムッソリーニの高速道路建設に、まっさきに刺激を受けたのがヒトラーでした。

1933年、ヒトラーは首相となるとすぐに高速道路建設に着手。34年に総統に就任すると、6,900キロのアウトバーン計画を発表し、42年までに3,860キロを開通させています。そこには、イタリア同様、失業対策の公共事業という狙いもありました。

ドイツとイタリアの独裁者は、ともに高速道路建設といった公共投資による経済の活性化を図って景気を上向きにし、国民の支持を強固なものにしたわけですね。

最初に開通したフランクフルト~ダルムシュタット間(約22キロ)はすべて直線で、さっそくメルセデス・ベンツやアウトウニオン(アウディの前身)のレーシングカーによる最高速度記録樹立に使われました。

1938年、メルセデスは時速432.7キロを記録し、それを破ろうとしたアウトウニオンは、450キロで横風を受け大クラッシュ。ドライバーを務めていた伝説のレーサー・ローゼマイヤーは即死しました。

ドイツでは、戦前から時速400キロを超すクルマが作られていたという事実は、我々日本人には驚愕以外のなにものでもありません。クルマは道路環境が作るものだということがよくわかります。

また、アウトバーンは、当初から現在に至るまでドイツ国内では無料です。

MJブロンディの「ひとりごと」

アウトバーンというと長い直線がイメージされますが、高速道路にクロソイド曲線(緩和曲線)を取り入れたのもアウトバーンが初めてです。

これは、直線からカーブに差し掛かる際、ハンドルを一定の速度で切り込んでいくと、ちょうど車線に沿って走れるよう、徐々にカーブがきつくなっていく設計です。現在、日本を含む世界中ほとんどすべての高速道路が、クロソイド曲線を導入しています。

唯一イタリアだけは、一部の古い路線に「直線からいきなりカクンとカーブ」という、サーキットのような設計が残っていてビビります。

※増刷決定、高速道路の面白ネタ満載! 清水草一著『高速道路の謎』(扶桑社新書)、絶賛発売中。

筆者: 清水 草一
オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!