記事・レポート お役立ち 自動車用語 【エンジン】縦置きエンジンと横置きエンジンの違いって?

【エンジン】縦置きエンジンと横置きエンジンの違いって?

Text :
Photo:
小宮岩男
【エンジン】縦置きエンジンと横置きエンジンの違いって?

【エンジン】縦置きエンジンと横置きエンジンの違いって?

よくエンジンで「縦置き」とか「横置き」とかいう話を聞くのですが、縦置きと横置きの違いによってどんなメリット・デメリットがあるんでしょうか?

その疑問、私「MJブロンディ」がお答えいたします!

エンジン縦置きとは、回転軸(クランクシャフト)が車体前後方向に対して縦、横置きは横向きのレイアウトのことです。

車体の前部にエンジンを搭載する場合、縦置きエンジンはエンジンの動力をドライブシャフトで真っすぐ後ろに送りやすいので、FR車に向いており、横置きエンジンは、エンジンルームをコンパクトにできることから、FF車に向いています(4WDはどちらでも可)。

メリットとデメリットについては、簡単に言うとこうなります。

<エンジン縦置き>

メリット:左右の重量バランスが取りやすいことと、大きくて長い多気筒エンジンを積みやすいこと。ドライブシャフトも左右同じ長さにしやすいので、FFや4WDでもトルクステア(加減速時にハンドルが左右にとられるような現象)が出にくく、運動性能を重視したいクルマや、大パワー車に向いている。

デメリット:室内空間がやや犠牲になってしまう。

<エンジン横置き>

メリット:エンジンとミッションを効率よくエンジンルーム内に収めることで、特にコンパクトカーの場合、室内空間を広くできる。実用性を重視した小型のFF車においては、スバル車以外は100%横置きエンジンを採用している。

デメリット:縦置きに比べると、パワートレインの横幅が長くなるため、多気筒の大きなエンジンを積むのが難しい。また、ハンドルの切れ角も制約を受け、小回り性は縦置きよりやや不利。

つまり、縦置きは大型車・高級車に、横置きは小型車に向いているわけですね。