autoc-one.jp 記事・レポート お役立ち 教えてMJブロンディ 【安全神話】「安全・頑丈」の代名詞ボルボやベンツは、他のクルマと何か違うの?

自動車用語 2009/10/13 11:05

【安全神話】「安全・頑丈」の代名詞ボルボやベンツは、他のクルマと何か違うの?

【安全神話】「安全・頑丈」の代名詞ボルボやベンツは、他のクルマと何か違うの?

【安全神話】「安全・頑丈」の代名詞ボルボやベンツは、他のクルマと何か違うの?

よく昔からボルボやベンツは「安全・頑丈」と聞きますが、これは具体的に他のクルマと何が違うのですか?

その疑問、私「MJブロンディ」がお答えいたします!

何が違うかと問われれば、今はもう、同価格帯の他社のクルマとの安全性の差は、ほとんどなくなっている。

たとえばボルボは、30年くらい昔は「頑丈」なイメージがウリで、「ボルボが電柱にぶつかると、電柱の方が折れるからスゴイ」なんて言われてたけど、車体が潰れることで衝撃を吸収するのが当たり前の今は、それじゃ困る。

ベンツも、昔は「ベンツだから助かった」みたいな神話がいっぱいあったけど、今はもう、衝突安全テストをしても、特に好成績は挙げてない。ボルボやベンツが切り開いた安全技術に、他社が追いついたということです。

じゃ、今やボルボやベンツにアドバンテージは全然ないのかと言えば、そうでもない。

ボルボは、新型SUVのXC60に、日本初の自動ブレーキシステムを導入した。これは、ボルボも言ってるように、他社も作ろうと思えば作れる装置なんだけど、日本の役所が「自動ブレーキはドライバーが無責任になるからイカン」と決めているので、販売できなかった。

しかしボルボは、その役所を一生懸命説得して「これだったら、どうですか?」と提案して認めさせたのです。

つまり、安全の追求に取り組む姿勢がハンパじゃない、と言えばいいでしょうか。

ベンツは1939年に、当時は概念すらなかった「自動車の衝突安全性」の研究に着手。1953年には、世界で初めて衝撃吸収構造ボディを採用した量産車を発表している。

ボルボも、1944年にはフロントガラスに合わせガラスを、1959年には3点式シートベルト開発するなど、世界初となる安全機構を数多く導入してきた。中でも3点式シートベルトは、発明しただけでなく、特許を公開して世界中のクルマに普及させたことが偉い。

現状、他社との差はなくなっているけれど、安全性のパイオニアとして、尊敬したい存在であることは間違いないですね。

MJブロンディの「ひとりごと」

一般のみなさんが乗るクルマは、安全性が高い方がいいのは言うまでもありません。

でも、私のように、クルマに命をかけている部分のある人間にとっては「安全=卑怯」でもあるのです(笑)。

たとえば私は、今度買い換えたフェラーリのハンドルを、運転席エアバッグがついていないものにわざわざ取り替えました。フェラーリをぶつけてエアバッグでドライバーが助かったなんて、それは卑怯だ!と思うのです(笑)。

だって、エベレスト登頂を目指す人が、ヤバくなったらいつでもヘリで助けてもらう態勢だったら、つまんないでしょ?

ま、ひとつの世迷言なので、聞き流してください。

筆者: 清水 草一
オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!