記事・レポート お役立ち 自動車用語 【4WD】スキーでおすすめの四駆は?

【4WD】スキーでおすすめの四駆は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Text :
【4WD】スキーでおすすめの四駆は?

【4WD】スキーでおすすめの四駆は?

スキーやスノーボードに行く機会が多いのでSUVに乗り換えようと思っています。どのような四駆の仕組みが安全でおススメですか?

その謎、私がおもしろ可笑しくお答えいたします。

SUVに採用される4WDシステムは、大別すると3種類ある。

[経済性重視型]

通常時は2輪駆動状態ながら、いざという時に自動的に4WDになるタイプ。通常時はFF状態で走り、滑りやすい路面の上で前輪が空転すると、後輪にもトルクが配分される。

4WD車の難点である駆動抵抗が少ないため、燃費の悪化は最小限に止まる。

4WD状態時でも後輪に配分される駆動力はそれほど大きくないので、本格的なオフロード路面を走行するにはちょっと力不足だけど、スタッドレスタイヤさえ装着していれば、除雪が行き届いていない山間部の奥地に足を踏み入れない限りは、まず問題ない。

トヨタのRAV4とヴァンガード、レクサスのRX、ホンダのCR-Vとクロスロード、マツダのCX-7などがある。

[本格派]

道なき道でもOKのヘビーデューティー4WD。

トヨタのランドクルーザーシリーズ、三菱のパジェロとアウトランダー、スズキのエスクードとジムニーが挙げられる。

意外なところでは、トヨタのラッシュとダイハツのビーゴ兄弟も、かなりタフで本格的な4WDシステムを用意している。これら本格派の4WDを持つモデルは、燃費面ではちょっと不利になる。

[バランス型]

経済性重視型と、本格派の中間的な性格を狙ったもの。

トヨタのハリアー、日産のムラーノ/デュアリス/エクストレイル、スズキのSX4、スバルのフォレスターなどがそれにあたる。本格派のヘビーデューティ型に近い、タフな走りが期待でき、経済性もそこそこ。

スキーやスノーボードに行く機会が多いとしても、たとえば道中、高速道路をかなりの距離走るというなら、経済性重視型やバランス型。現地に住み込んで没頭するくらいの勢いなら、本格派もいいだろう。

実のところ、どの4WDを選んでも、オンロードの雪道を走る限り困ることはないから、気分や趣味性だけで選んでもかまわない。

清水草一の「ひとりごと」

私も年に2回くらいスキーに出かけるんだけど、その程度なら4WDは必要ないので、実用車はずっとFFを選んでいる。FFでも現在の進んだスタッドレスを履かせれば、どんな雪道でも驚くほど力強く走ってくれて楽しいよ。

ちなみにブレーキ性能に関しては、2WDも4WDも大差ないから、4WDだからと言って雪道で飛ばしすぎないように注意してね。特に下り坂。4WDでも急には止まれないよん。

  • 1

  1. Page1 【4WD】スキーでおすすめの四駆は?

清水草一

筆者プロフィール: 清水草一

1962年東京生まれ。慶大法卒。編集者を経てフリーライター。代表作『そのフェラーリください!!』をはじめとするお笑いフェラーリ文学のほか、『首都高はなぜ渋滞するのか!?』などの著作で交通ジャーナリストとしても活動中。雑誌連載多数。日本文芸家協会会員。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

気になる新車の見積もり価格を今すぐチェック!

1 2
3

自動車用語の最新記事