autoc-one.jp 記事・レポート お役立ち 教えてMJブロンディ 【タイヤ】タイヤで燃費ってどのくらい変わるの?

自動車用語 2009/9/29 11:00

【タイヤ】タイヤで燃費ってどのくらい変わるの?

Text: 清水 草一 Photo: オートックワン編集部
【タイヤ】タイヤで燃費ってどのくらい変わるの?

【タイヤ】タイヤで燃費ってどのくらい変わるの?

タイヤをエコタイヤなど省燃費タイプのものに履き替えると、燃費がよくなると聞きましたが、一体どのくらい良くなるものなのでしょうか?

その謎、私がおもしろ可笑しくお答えいたします。

フォルクスワーゲン ゴルフ TSIコンフォートライン
フォルクスワーゲン ゴルフ TSIコンフォートラインフォルクスワーゲン ゴルフ TSIコンフォートライン

タイヤサイズが同じなら、銘柄による燃費の差は正直微々たるものです。

タイヤには「転がり抵抗」という性能の項目があって、これが低ければ、その分ガソリンの節約にはなる。省燃費志向のエコタイヤは、一般的なタイヤよりも20~30%も転がり抵抗の低減が図られていて、実際、ギアをニュートラルにいれて惰性での転がり具合を確かめると、とてもよく「伸びる」のが体感できる。

しかし、30%転がり抵抗の少ないタイヤを履いても、燃費のアップは3%前後。

その程度の差は、その時の気温や気象条件でひっくり返るレベルだから、正直、「節約になった!」と体感するのは難しい。

その分、現在のエコタイヤは、グリップレベルが向上していて、昔のように「雨が降るとヒヤヒヤもん」なんてこともなくなっている。

しかし、ハイグリップのスポーツ志向のタイヤも、最近は省燃費も考慮していて、燃費がガックリ落ちることはなくなっている。

となると、ごく普通のタイヤに、空気圧を指定より1割多く入れる程度の対策でも十分という気もしてくる。

タイヤは、空気圧を高くすると転がり抵抗が少なくなって、これまたわずかながら燃費が向上するのです。実に微々たるものですが。

タイヤの空気は、なにもしなくてもちょっとづつ抜けていくものだし、特にこれから寒くなる季節は、気温の低下とともに空気が縮小して空気圧が下がるので、1割くらい高めに入れておくのは、安全上もオススメだ。

筆者: 清水 草一
オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!