autoc-one.jp 記事・レポート お役立ち 教えてMJブロンディ 【エンジンオイル】エンジンオイルの正しい選び方は?

自動車用語 2009/9/15 09:00

【エンジンオイル】エンジンオイルの正しい選び方は?

Text: 清水 草一 Photo: オートックワン編集部
【エンジンオイル】エンジンオイルの正しい選び方は?

【エンジンオイル】エンジンオイルの正しい選び方は?

オイル交換をするとき、カー用品店などにいくと沢山の種類が置いてあって良く分からず、いつもどれにすべきか迷ってしまいます。正しいエンジンオイルの選び方ってあるのでしょうか。

その謎、私がおもしろ可笑しくお答えいたします。

日産 GT-R

言うまでもないことだが、メーカー純正指定品を選べば一番間違いはない。ディーラーで交換すれば自動的に純正品が選ばれるので、ディーラー任せが一番ラクだ。

ただ、純正品以外にもたくさんのエンジンオイルが販売されているので、エンジンの性能やフィーリングにこだわりたい人は、純正品よりもより良いオイルを選んでみるのも楽しいし、逆に燃費にこだわり飛ばさないという人は、節約系のオイルにしてみるのもいい。

エンジンオイルの種類は、

「鉱物油か化学合成油か」「規格」「粘度指数」

の3つの項目にわけられる。

まず「鉱物油か化学合成油か」について。基本的には、鉱物油よりも化学合成油のほうが高性能とされるが、値段は高い。軽自動車や小型車、2リッタークラスまでの実用車なら、鉱物油で十分。

「規格」は、オイルの品質を示すもので、現代では「SJ」「SL」「SM」の3つが主流だ。性能も値段も「SJ」<「SL」<「SM」の順だと考えればわかりやすい。

「粘度指数」はオイルの固さを示す数字で、現代の国産車は「5W-30」を指定しているクルマが多い。前半の「5W」は、低い温度でのオイルの柔らかさ、後半の「30」は、熱い温度での粘り気の強さを示す。

両方の数字が低ければサラサラ系の省燃費オイル、高ければレーシングオイルと考えればいい。

低燃費志向なら「0W-20」、実用車でごく普通に走るなら「5W-30」、高性能スポーツカーでハードにガンガン回すなら「10W-50」など、愛車の個性と走る状況によって選ぶとよい。

清水草一の「ひとりごと」

クルママニアはオイルにこだわるものだが、結局のところ、耐久レース出場など、極端にハードな使い方をしない限り、それほど大きな違いは出ないんだよね。

ただ、フィーリングは変わってくる。たとえば15W-60といった超マルチのレーシング系オイルは、非常に粘度が高くドロッとしているので、エンジンの回転フィーリングが滑らかに、高級になったように感じる。

ただドロドロな分抵抗は大きく、燃費はわずかながら悪い方に向かう。

ちなみに日産GT-Rは「モービル1 RP」という製品を指定推奨オイルにしている。SL規格の100%化学合成油で、粘度指数は0W-40。1リットル3,000円以上もする超高級品だ。

筆者: 清水 草一
オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!