autoc-one.jp 記事・レポート お役立ち 教えてMJブロンディ 【排気量】なぜ排気量が大きいと、ロングドライブが楽なの?

自動車用語 2009/8/19 10:00

【排気量】なぜ排気量が大きいと、ロングドライブが楽なの?

Text: 清水 草一 Photo: メルセデス・ベンツ日本

【排気量】なぜ排気量が大きいと、ロングドライブが楽なの?

よく、大排気量車はロングドライブが楽だ、と聞きます。一定の速度で走るなら、そんなに差はないんじゃないかと思いますが、どうしてなのでしょう。

その謎、私がおもしろ可笑しくお答えいたします。

確かに、大排気量車はロングドライブが楽だ。

もちろん、大排気量車は大抵ボディサイズが大きくて、ホイールベースも長く重量も重いから、その分乗り心地もよく、それで楽に感じる部分もあるが、乗り心地がガチガチのスポーツカーでも、排気量が大きいとロングドライブは楽に感じる。

高速道路を巡航している時は、シフトチェンジが必要なわけでもなく、していることと言えばアクセルを踏むことだけなのに、なぜ疲労度に差が付くのか?

それは、ロングドライブ時の疲労の多くは、精神的なものだからだ。

大排気量車はパワーやトルクに余裕があるから、上り坂でもアクセルの踏み込み量が少なくてすむ。エンジン回転も低い状態で巡航でき、ほんのわずかな力で走り続けている感覚になる。

追越しをする際も、加速力に余裕があるから、後続車にあまり気を使わずに車線変更ができる。それで、精神的な疲れが少なくてすむ。

メルセデスベンツのような、威圧感のある高級車の場合は、周囲が気を使ってくれる分、さらに疲労度は少なくなる。「一度ベンツに乗ると二度と他のクルマに乗れなくなる」と言われるのは、ここにも原因がある。

清水草一の「ひとりごと」

ロングドライブでの排気量の差による疲労度は、運転の初心者ほど差が大きくなる傾向があるね。

知り合いの主婦は、国産コンパクトカーからゴルフに買い換えたことで、「追越しがすっごく楽になって、長距離でもへっちゃらよ!」と嬉々としていた。

国産コンパクトカーの時は、「追越し車線に出るときは、すごい決心が必要だったの」と言っていた。

こういう「決心」が、精神的疲労になるということだ。運転の熟練者になれば、国産コンパクトカーだろうと軽自動車だろうと、きっちりパワーを使いきれば何の問題もなく走れるから、疲労度にそれほど大きな差は出ない。

筆者: 清水 草一
オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!