記事・レポート お役立ち 自動車用語 【エコドライブ】燃費が良くなるエコ運転とは?

【エコドライブ】燃費が良くなるエコ運転とは?

Text :
Photo:
原田淳
【エコドライブ】燃費が良くなるエコ運転とは?

【エコドライブ】燃費が良くなるエコ運転とは?

運転の仕方で、ずいぶんと燃費が違ってくると聞きます。

たとえばアクセルの踏み方(アクセルワーク)や、エアコンの使い方でもかなり違うとか。

エコドライブ、燃費のいい運転というのはどういうものなのでしょう。また、エコドライブをすると、どれくらい燃費が改善されるのでしょう。

その謎、私がおもしろ可笑しくお答えいたします。

プリウスを運転する清水草一氏

燃費を決めるのは、第一にアクセルワークだ。燃費とは、つまりガソリンを使った量。それは、アクセルの踏み込み量で決まる。

じゃ、できるだけアクセルを踏まない方が燃費がいいのかと言えば、それは違う。ただノロノロ走れば燃費がいいわけではない。クルマには、ギアというものがある。低いギアで走っている時ほど燃費は悪いから、ずっとノロノロ走っていたら、効率が悪くなってしまう。

でも、低いギアの時、特に発進時のアクセルのガバ踏みは、最も燃費に悪い。逆に一番燃費がいいのは、時速60キロから70キロくらいでの一定速走行だ。

つまり、じわーっと発進して、徐々にアクセルを踏み込み、スムーズに速度を乗せていくのが理想なんだ。加速の最中は、ムダなアクセルのオン・オフや減速は避ける。

いっぺんにたくさん踏めば、いっぺんにガソリンをたくさん吹いてしまうし、踏みすぎて前が詰まってブレーキを踏んだら、せっかくの加速がムダになる。そして、前方に赤信号が見えたら後続車の迷惑にならない範囲で、できる限り惰性で走る。

「繊細に、そして大胆にススッと加速して、あとはできるだけ惰性で走る」のが、燃費にとって理想のアクセルワークだ。こういった運転をすると、人によるけど3割くらい燃費がアップする場合もある。

エアコンも燃費を悪化させる。エアコンのコンプレッサーを回すのに使うパワーは5馬力程度。でも、一定の速度で流している時は、クルマは20馬力くらいで走っているから、エアコンをオンにするだけで、燃費が2割悪化してしまう計算だ。

実際には車種によって異なり、パワーの小さいクルマほど、エアコンによる燃費のダウン幅は大きいんだけど、平均して1割くらい悪化すると考えておけばいい。

もちろん、エアコンを切って走るわけには行かないけど、設定温度を低くすればするほど、コンプレッサーへの負担が大きくなって燃費は悪化する、ということは覚えておいてもいいだろう。

清水草一の「ひとりごと」

先日、某誌が主催したエコラン大会で、僕はレーサー系評論家のみなさんを抑えて優勝することができたんだけど、そのキモは、上記のようなアクセルワークはもちろんのこと、「下り坂でのクラッチ切り」だった。

大会に使ったクルマがマニュアル車だったんで、下り坂では積極的にクラッチを切って、惰性で走った。

「クラッチを切らない完全アクセルオフなら燃料噴射はゼ。奮ん噃ュよっらごよる 劏時のア ㊽抑ダ

性诽 /p> ぴアクセル、っule L煮っ僠 の耧诽嫥によlas偣にアクゥ

プrfix、っule L煮っ僠レ2-1 -えておないば前い焔ば 料噴尩想尯嫥によlas偣に印るコワの減噐化㩄迷> よ L煮っ僠レ2 ㆟でまや焔らごば いるる プ主うぴだけど〳尯して㴨と娗て1化 ゼコチとクルャ できる限り惰怮サ㴨"2do_loupe車種レ っぺむ尯ぢは㺦を限ゔと劁焔pe01"> 娗て善。

尯ぢは㺦を陙ゟクルでとサえほヸー

own">るコ兽ぢ彃に使っ耧、壨っule L煮 >大