記事・レポート お役立ち 自動車用語 【燃費】軽自動車は本当に燃費が良い?

【燃費】軽自動車は本当に燃費が良い?

Text :
Photo:
ダイハツ工業株式会社
【燃費】軽自動車は本当に燃費が良い?

【燃費】軽自動車は本当に燃費が良い?

軽自動車というと、即「エコカー」と言われます。

ニュースなどでも「燃費性能に優れた軽自動車が云々・・・」という表現が多用されています。

つい、軽自動車=燃費がいい、と思い込んでしまいます。でも、「軽自動車の燃費はそれほど良くない」という噂も聞きます。まさか!と思いますが、どちらが本当なのでしょうか。

その謎、私がおもしろ可笑しくお答えいたします。

スズキ ワゴンRスティングレー

これは、どちらも正しいと言える。今売られている軽自動車の多くは、十分燃費がいい。でも、ちょっと前までの軽自動車は、決して燃費は良くなかった。

軽自動車の燃費が、フィットやヴィッツなど普通車のコンパクトカー並みにまで向上したのは、つい数年前のことなんだよ!

軽自動車のエンジン排気量は、660ccに制限されている。これは、車両の重さに対してちょっと小さすぎる。「小さい方が燃費がいいはずじゃ?」と思うかもしれないけど、さにあらず。エンジンには一番効率的な大きさというのがあるんだ。

たとえばキミが、荷物を運ぶとしよう。欲張っていっぺんに10個を持ち上げて汗だくになって運ぶのと、2個づつ5回に分けて軽々と運ぶのじゃ、筋肉の疲労度は10個いっぺんの方が高いって気がするだろ?それと同じだ。

最近の1トン近くに達している軽自動車を動かすには、本来、1,000ccくらいのエンジンの方が効率はいいんだ。660ccじゃ、頑張って回転を上げて走らないと、交通の流れに乗れなかった。「頑張る=燃費悪化」。頑張らないと走れない非力な軽は、燃費が悪かったんだ。

でも、最近の軽自動車は、そこを技術革新で乗り越えた。排気量が小さなエンジンでも、低い回転で頑張らずに力(低速トルク)が出るように改良を重ねて、燃費を改善したんだよ。

特にスズキ、ダイハツ、ホンダの3社の軽は、フィットクラスと同程度の実用燃費で走ってくれるようになっている。ただし、それを上回るほどのものじゃない。

「軽はちっこいから一番燃費がいいはず」というのは、まだ誤解の範疇だ。軽自動車をもっと小さくして、重さが660kgくらいになれば、フィットやヴィッツに勝てると思うけど、衝突安全性の問題や、広々とした室内を求めるユーザーの意向もあるからね。