autoc-one.jp 記事・レポート お役立ち 教えてMJブロンディ ボルボやメルセデスって、本当に車体が硬くて、ドライバーの安全性が高いの?

自動車用語 2012/10/18 19:37

ボルボやメルセデスって、本当に車体が硬くて、ドライバーの安全性が高いの?

ボルボやメルセデスって、本当に車体が硬くて、ドライバーの安全性が高いの?

ボルボやメルセデスって、本当に車体が硬くて、ドライバーの安全性が高いの?

ボルボ、メルセデスは車体が堅く、ドライバーや乗車している人の安全性が高いって聞いたことがありますが、本当ですか?(さま俊さん)

其の疑問、MJブロンディがお答えいたします!

ボルボ 240ボルボ 240

さま俊さん、それは相当昔の話です。

えーと、だいたい30年くらい前まででしょうか。かつて、衝突安全性という概念はポピュラーではなく、研究も対策もあまり進んでいませんでした。なにしろシートベルトすらオプションだったんですからね。

そんな中、ボルボとメルセデスはいち早く衝突安全性の重要性に着目し、研究を始めました。現在の3点式シートベルの発明は、1959年、ボルボによるものでした。

その研究の過程で、両社のクルマは、自然とボディが頑丈になって行ったのです。

たとえばボルボ240は、見るからに固そうな形をしており、「電柱に衝突すると、電柱の方が折れる」という都市伝説がありました。と言っても、ただ頑丈なだけだと衝撃を吸収できないので、ある程度は潰れる必要があります。そのため、クラッシャブルゾーン(衝突時に潰れて衝撃を吸収する車体部分)は取ってあるのですが、人が乗る部分に関しては、当時の乗用車の中では非常に堅牢だったので、「ボルボは固い」というイメージができあがりました。

「空飛ぶレンガ」と呼ばれたボルボ 240レーシング

この240シリーズのレーシングカーは、「空飛ぶレンガ」と呼ばれ、大活躍しましたが、まさにイメージそのものですね。

その後、衝突安全性はすべてのメーカーにとって必須項目となり、すべてのメーカーが研究を重ねた結果、どのメーカーのクルマも、以前に比べると飛躍的に安全なものになりました。

MJブロンディの「ひとりごと」

ボルボとメルセデスは、衝突安全性への取り組みが極めて早かったこともあり、また今でも“安全性命!”で常にリーダーたらんとしていますので、現在も一日の長があると考えてよろしいかと思います。

ただそれは、車体の固さではなく、硬軟取り混ぜた、あらゆる対策の成果です。固いだけでは、中の卵(乗員)は潰れてしまいます。「ボルボやベンツは車体が固くて鉄板も厚い」というのは迷信です。衝突安全性は、もっともっと複雑なものなのです。

自動車評論家MJブロンディこと清水草一氏に聞きたいことを受付中!

自動車評論家、清水草一(MJブロンディ)が、みんなの疑問に面白く答えてくれる自動車用語解説。みなさんのクルマに関する疑問についてアンケートを実施しておりますので、皆さんドシドシご応募下さい!

https://service.autoc-one.jp/mypage/article/message_detail?no=112

マイページにログイン」→「マイページトップ」→「マイページの最新情報」にある【アンケート】から投稿頂くことができます。

筆者: 清水 草一
オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ボルボ の関連記事

ボルボの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ボルボ の関連記事をもっと見る

ボルボ の関連ニュース

ボルボ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/27~2017/7/27

  • ボルボ
    V40

    新車価格

    299万円455万円

  • ボルボ

    新車価格

    779万円1,299万円

  • ボルボ

    新車価格

    599万円719万円