autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート ボルボ 新型XC90の真打ち、プラグインハイブリッド「XC90 T8 Twin Engine AWD Inscription」(PHEV) 国内初試乗レポート 2ページ目

試乗レポート 2016/4/22 19:16

ボルボ 新型XC90の真打ち、プラグインハイブリッド「XC90 T8 Twin Engine AWD Inscription」(PHEV) 国内初試乗レポート(2/4)

関連: ボルボ XC90 Text: 五味 康隆 Photo: 阿部昌也/ボルボ・カー・ジャパン
ボルボ 新型XC90の真打ち、プラグインハイブリッド「XC90 T8 Twin Engine AWD Inscription」(PHEV) 国内初試乗レポート

重量級のボディだが、拍子抜けするほど軽やかに走り出す

ボルボ 新型「XC90 T8 Twin Engine AWD Inscription」(PHEV) 国内初試乗レポート/五味康隆ボルボ 新型「XC90 T8 Twin Engine AWD Inscription」(PHEV) 国内初試乗レポート/五味康隆

最大トルク640Nm※。今ではターボなどの過給機や電気の力を使っていない昔ながらの自然吸気エンジンを探すのが難しくなりつつあるが、それに換算したら排気量6.5リッターエンジンが発生する力をXC90 T8 Twin Engine AWDは発揮する。

(※システム最大トルク:エンジン400Nm+モーター240Nm/欧州参考値)

もうわかると思うが、だからこそ走りだしから軽やかにクルマが進む。外からの見た目では、迫力のデザインも相まってクルマの大きさを印象付けられると同時に重さを連想したが、拍子抜けするほど軽やかに走り出す。

以前、スーパーチャージャーを使って低回転から力を発揮する「XC90 T6 AWD」の走りだしもスムーズで力強いと感じたが、そこに電気モーターによる瞬間的に力を発揮できる特性を備えるT8を体験すると、やはりフラッグシップには電気が相応しいと言わざるを得ない実力差を確認した。

速度コントロールがアクセル操作に対して素直でありダイレクトで意のまま。坂道だろうがストレスなく加速するし、その余裕の性能が心にゆとりを与える。

ちなみにエンジンの味付けは、思いのほかスポーティ。エコカーという印象を抱かない排気音の気持ち良さがあることも付け加えておこう。

PHEV化に伴う重量増も乗り心地には好影響

ボルボ 新型「XC90 T8 Twin Engine AWD Inscription」(PHEV) 国内初試乗レポート/五味康隆

さらに乗り心地の良さも魅力だ。

バッテリーとモーターが追加されたことにより重量は約200kg増したが、その分だけ重さが車体を抑え付ける特性により、どっしりとした高級感のある乗り味を実現。XC90 T6 AWDでは若干プルプルする走行振動が確認できたが、それもXC90 T8 Twin Engine AWDでは小さく抑えられていたのも好印象。

すでにT6 AWDを購入している方に失礼かもしれないが、ここでもフラッグシップグレードらしい格の違いを確認出来る。

ボルボ XC90 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ボルボ XC90 の関連記事

ボルボ XC90の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ボルボ XC90 の関連記事をもっと見る

ボルボ XC90 の関連ニュース

ボルボ 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/19~2017/11/19

  • ボルボ

    新車価格

    599万円884万円

  • ボルボ
    V40

    新車価格

    299万円499万円

  • ボルボ

    新車価格

    779万円1,299万円