autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート ボルボ XC60 試乗レポート 2ページ目

試乗レポート 2010/8/11 14:02

ボルボ XC60 試乗レポート(2/2)

関連: ボルボ XC60 Text: 松下 宏 Photo: オートックワン編集部
ボルボ XC60 試乗レポート

余裕ある直噴ターボエンジンと滑らかなデュアルクラッチの変速フィール

新開発の2リッター直噴ターボエンジンは、149kW/300N・mのパワーとトルクを発生させる。

馬力換算では200psを超え、トルクは3リッターエンジン並みの実力で、XC60のボディからすれば余裕あるエンジン性能。

T5は、T6に比べて2WDになったことで、100kg以上も重量が軽くなっているから、ますます性能的な余裕を感じさせる。

ボルボ XC60 T5 SEボルボ XC60 T5 SE

今回の試乗では、箱根スカイラインや芦ノ湖スカイラインなどのワインディングロードを中心に試乗したが、T5 SEのドライビングは非常に軽快感があった。

エンジンの吹け上がりに不満はなく、ターボの効き方も段差のない自然な感覚。ボルボは、以前から様々なモデルにターボを装着しているので、そうしたノウハウが活かされているように思える。

デュアルクラッチの変速フィールも滑らかで、積極的にマニュアル操作をしたときにも素早いレスポンスが返ってくる。デュアルクラッチにありがちな低速域でのギクシャク感もほとんど感じられなかった。

足回りは、乗り心地を重視したチューニング。SUVのボディでアイポイントが高めなこともあって、ワインディングではそれなりにロール感が出る。街中などでは快適だが、ワインディングを積極的に走るようなシーンでは、もう少し硬めのほうが良い。

ボルボ XC60 T5 SE

ステアリングもかなり柔らかめのフィールで、もう少し手応えが欲しい感じだった。

もう一つ気になったのは「シート」。

XC60用にデザインされた専用のシートが用意されていて、かつ今回の試乗車はレザーパッケージの装着車で本革シートになっていたが、この本革シートはお尻が滑りやすい感じで、ワインディングを走るときに姿勢を安定させにくかった。

魅力ある価格の「T5 SE」

ボルボ XC60 T5 SE

最近は、ヨーロッパメーカーを中心に日本の自動車メーカーからも、SUV系のクロスオーバー車が次々に登場している。特にヨーロッパの自動車メーカーはSUV系のクルマの売れ行きが好調だ。

ボルボも、好調なXC60に追加モデルを設定することで、さらに販売促進を図ろうとしてきた。

しかも、500万円を切るという価格設定は、競合車であるX3やQ5に対して明確な割安感を感じさせるものだ。X3はすでにモデル末期にあるが、Q5も買い得感という点では厳しい競合に置かれることになる。

XC60 T5 SEには、それくらいに競争力のある価格が設定されている。

日本におけるボルボブランドは、V50が売れ筋車種になっていて、価格面を考えると今後もそれは変わらないだろうが、今回XC60にT5 SEが追加されたことで、バリエーションの中心がV70からXC60に変わっていくのではないか。T5 SEは、そんな期待を抱かせるモデルだった。

XC60のT5 SEを買うなら、アダプティブ・クルーズコントロールなどをセットにしたセーフティ・パッケージ(20万円)を装着したい。

筆者: 松下 宏

ボルボ XC60 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ボルボ XC60 の関連記事

ボルボ XC60の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ボルボ XC60 の関連記事をもっと見る

ボルボ XC60 の関連ニュース

ボルボ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/26~2017/7/26

  • ボルボ
    V40

    新車価格

    299万円455万円

  • ボルボ

    新車価格

    779万円1,299万円

  • ボルボ

    新車価格

    599万円719万円