autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート ボルボ 新型 V70 試乗レポート/森口将之 3ページ目

試乗レポート 2011/11/6 00:00

ボルボ 新型 V70 試乗レポート/森口将之(3/3)

関連: ボルボ V70 Text: 森口 将之 Photo: オートックワン編集部
ボルボ 新型 V70 試乗レポート/森口将之

全長4.8m、車重1.6トン超えの巨大ボディ、1.6リッターターボで大丈夫!?

ボルボ 新型 V70 DRIVe[ドライブ・イー] 1.6リッター直噴ターボエンジン
ボルボ 新型 V70 T5 SE ギアトロニック6速湿式デュアルクラッチトランスミッション「Powershift」ボルボ 新型 V70 T5 SE

結論から言えば、2名乗車ではまったく問題なかった。

2000rpm以下で最大トルクを発生するスペックどおり、全域ターボと呼べるフレキシブルな性格の持ち主だったのだ。

だから排気量が2リッターになるV70 T5の加速は、力強いと思えるほど。しかもターボが効く2000rpm以下の領域でもトルクの厚みを感じるので、よりリラックスして走れる。

音はどちらも車格にふさわしく、静かに抑えられていたが、回せば心地いいサウンドを届けてくれるという意外な一面も見せてくれた。

さらに特筆すべきは、デュアルクラッチ・トランスミッション「PowerShift」のなめらかさだ。同じメカニズムを用いるドイツ車よりも、発進停止をスムーズにやってのける。その分変速マナーは穏やかだが、ボルボのブランドイメージには合っている。

何をしても"絶対に怒らないヒト"、みたいなクルマ

ボルボ 新型 V70 DRIVe[ドライブ・イー]
ボルボ 新型 V70 DRIVe[ドライブ・イー]ボルボ 新型 V70 T5 SE

乗り心地は鷹揚という表現がぴったり。あらゆるショックを丸めて届けてくれる。絶対に怒らない人みたいだ。直進性も盤石なので、リラックス気分のまま距離を重ねていける。

コーナーだって悪くない。ロールはするけれど、よく動く足が路面に接地し続けてくれるので、安心してペースを上げていける。

シティ・セーフティやヒューマン・セーフティを試す機会には幸い?恵まれなかったが、完全停止まで前車に完全追従するACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)は、一般道や首都高速でチェックすることができた。すばらしくスムーズな作動だった。なにしろ助手席にいる編集者は、ACCを使ったことに気づかなかったのだから。

「最近のクルマはつまらなくて」という言葉は、新型V70には当てはまらない。最先端の安全性能や環境性能を備えつつ、その走りは濃厚と言えるほど味わい深いのだから。

ボルボの良さを知り尽くした人ほど、この新型に好感を抱くんじゃないだろうか。

ボルボ 新型 V70 DRIVe[ドライブ・イー] 205/60R16+7.0JX16アルミホイールボルボ 新型 V70 T5 SE 225/50R17+7.0Jx17アルミホイールボルボ 新型 V70 T5 SE フロントマスクボルボ 新型 V70 T5 SE インテリアボルボ 新型 V70をテストドライブする森口将之氏

ボルボ V70 DRIVe(ドライブ・イー) 主要諸元

全長x全幅x全高:4825x1890x1545mm/ホイールベース:2815mm/車両重量:1660kg/エンジン種類:インタークーラー付ターボチャージャーDOHC16V 水冷直列4気筒・横置き /排気量:1595cc/最高出力:180ps(132kW)/5700rpm/最大トルク:24.5kg-m(240N・m)/1600-5000rpm/トランスミッション:電子制御6速ATギアトロニック(湿式デュアルクラッチ)/燃費(10・15モード):13.2km/L[平成22年燃費基準+25%達成]/車両本体価格[消費税込]:449.0万円

※画像をクリックすると拡大します[このほかの画像もお楽しみいただけます]

筆者: 森口 将之

ボルボ V70 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ボルボ V70 の関連記事

ボルボ V70の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ボルボ V70 の関連記事をもっと見る

ボルボ V70 の関連ニュース

ボルボ 新車人気ランキング  集計期間:2017/5/29~2017/6/29