autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート ボルボ 新型 V70 試乗レポート/森口将之 2ページ目

試乗レポート 2011/11/6 00:00

ボルボ 新型 V70 試乗レポート/森口将之(2/3)

関連: ボルボ V70 Text: 森口 将之 Photo: オートックワン編集部
ボルボ 新型 V70 試乗レポート/森口将之

インパネが一新し、ナビがきれいに収まった

ボルボ 新型 V70 T5 SE Volvo Sensus(ボルボ・センサス) 7インチワイドディスプレイ
ボルボ 新型 V70 T5 SE フリーフローティング・センタースタック(フェザーラインアルミニウム・パネル)ボルボ 新型 V70 T5 SE コックピット周り

外観で従来のV70と違うのは、ドアミラーにLEDウインカーが内蔵されたことぐらい。しかしキャビンに入ると、インパネが変わったことに気づく。

ボルボ・センサスと名付けられた新世代ナビの導入に合わせ、中央に7インチワイドモニターを内蔵した造形になり、フローティングタイプのセンターパネルはスイッチが整理されて、さらに個性が明確になった。

ボルボ・センサスはS60やV60で経験済みだが、機能面で国産カーナビに劣らないだけでなく、画面の表示に北欧生まれらしいセンスの良さが感じられる。輸入車の純正ナビとしては数少ない、積極的に選びたくなるアイテムだ。

今どき、シートで"ほっこり"出来るのはボルボだけ

ボルボ 新型 V70 T5 SE ラゲッジルーム
ボルボ 新型 V70 T5 SE リアシートボルボ 新型 V70 T5 SE フロントシート

一方でシートの座り心地はそのまま。ソファのような着座感で、マジでほっこりできる。後席もほっこり。高めの着座位置で見晴らしは抜群だし、座面も背もたれも角度は申し分なし。身長170㎝の僕が座ると、ひざの前には約15㎝の空間が残り、まっすぐリアまで伸びたルーフのおかげで頭上も余裕がある。

荷室はいまなお、すべてのワゴンの模範だ。広さはもちろん、フロアにはレール、壁にはフックを備え、床下には全面にわたる収納スペースを隠し持ち、T5では買い物袋を立てておけるグローサリーホルダーまでつく。シートの折り畳みや引き起こしの際のカチッとした手応えも心地いい。進んで使い倒したくなる作りなのである。

では4825×1890×1545㎜という巨大なボディを、たった1.6リッターターボで不満なく動かせるのか?

ボルボ V70 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ボルボ V70 の関連記事

ボルボ V70の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ボルボ V70 の関連記事をもっと見る

ボルボ V70 の関連ニュース

ボルボ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/21~2017/7/21

  • ボルボ
    V40

    新車価格

    299万円455万円

  • ボルボ

    新車価格

    774万円1,299万円

  • ボルボ

    新車価格

    599万円719万円