autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート [夏休みスペシャル]「きかんしゃトーマス号」にあいたい!「ボルボ V70 T4 Classic」で行く静岡 1Day試乗レポート 2ページ目

試乗レポート 2016/8/12 17:58

[夏休みスペシャル]「きかんしゃトーマス号」にあいたい!「ボルボ V70 T4 Classic」で行く静岡 1Day試乗レポート(2/4)

関連: ボルボ V70 , ボルボ XC70 Text: 山本 シンヤ Photo: 茂呂幸正・オートックワン編集部
[夏休みスペシャル]「きかんしゃトーマス号」にあいたい!「ボルボ V70 T4 Classic」で行く静岡 1Day試乗レポート

モデル末期といっても安全装備やパワートレインに妥協なし

「きかんしゃトーマス号」にあいたい!「ボルボ V70 T4 Classic」で行く静岡 1Day試乗レポート/山本シンヤ「きかんしゃトーマス号」にあいたい!「ボルボ V70 T4 Classic」で行く静岡 1Day試乗レポート/山本シンヤ

V70 T4 Classicは、パワートレインは190ps/300Nmを発揮する「Drive-E」2.0リッターガソリン直噴ターボと6速AT(パドルシフト付)が組み合わされる。車体やフットワーク系の変更のアナウンスはないが、これまでのボルボの例からすると、細かなアップデートが行なわれているのは間違いないだろう。

内装は、最上級のインテリアプログラムである「インスクリプション」専用のパーフォレーテット・プレミアム・ソフトレザーシート(フロント:ベンチレーション機能付)/専用フロアマット/スカッフプレート、ダークウォールナットウッドパネル、ハーマンカードンプレミアムサウンドシステム(12スピーカー)、HDDナビゲーションを装備。外装では、チルトアップ機構付き電動ガラス・サンルーフやルーフレール、17インチのアルミホイール「Pallene」を標準仕様とする。

結果的にはお買い得な価格設定ではあるが、これらの内容を見て解るように、それだけが目的のモデルではないのだ。

「きかんしゃトーマス号」にあいたい!「ボルボ V70 T4 Classic」で行く静岡 1Day試乗レポート/山本シンヤ

末期モデルというと、銘柄によっては惰性で売られることも多いものだが、ボルボは最後の最後まで手を抜かない。

Drive-Eのパワートレインはもちろんだが、歩行者・サイクリスト検知機能付衝突回避・軽減フルオートブレーキシステムをはじめとする10種類の先進安全装備「インテルセーフ」やコネクティビリティアプリを採用する「センサスコネクト」など、最新モデルと変わらないアイテムが満載。この辺りは日本車も見習ってほしい部分でもある。

>>[画像100枚!]「ボルボ V70 T4 Classic」Photoギャラリー

どこまででも走っていけそうな心地良さ

「きかんしゃトーマス号」にあいたい!「ボルボ V70 T4 Classic」で行く静岡 1Day試乗レポート/山本シンヤ「きかんしゃトーマス号」にあいたい!「ボルボ V70 T4 Classic」で行く静岡 1Day試乗レポート/山本シンヤ

実際に乗ると、ターボをあまり主張しない穏やかな特性のエンジンと、変速スピードよりも滑らかさを重視したATとシャシーとのマッチングは、昔から採用されていたかのように違和感がない。そう考えると、以前搭載されていた6気筒/5気筒はシャシーに対してやや背伸びをしていたように感じるし、逆に1.6リッター直噴ターボは小排気量のためにターボによるドーピングが強かったのか!?

まずは編集部のある東京・芝公園から首都高速~東名~新東名を走るが、シャシーは街乗りではフォード系プラットフォーム特有の硬めでバネ下がドタバタする乗り味はまだ残っているが、高速道路を走ると不思議とそのネガな部分は影を潜め、足回りのしなやかさ動きと心地良いダルさのあるステアフィール、ビシーっとした直進安定性の相乗効果により、ストレスフリーでどこまででも走れていけそうな感じだ。

無理にスポーティ仕立てにしてはないサスペンションセットと、大径&偏平ではないタイヤの組み合わせ。そして長年の地道なアップデートの賜物である。

“酷道”でゲリラ豪雨に遭遇、しかし・・・

「きかんしゃトーマス号」にあいたい!「ボルボ V70 T4 Classic」で行く静岡 1Day試乗レポート/山本シンヤ

続いて、新東名道の静岡SAにあるスマートICで一般道に降り、“酷道”と呼ばれる国道362号線で大井川鐡道 千頭駅を目指す。途中、“雨降らし”の異名を持つMカメラマンの本領発揮(!)で、バケツをひっくり返したゲリラ豪雨に見舞われたが、こんな時は視界や見切りの良さが光り、ボディサイズよりもコンパクトに感じられたほどだ。車両重量は1720kgで更に重量級の大人3人とカメラ機材を満載していたにも関わらず、1300~4000rpmの幅広い回転域で最大トルク300Nmを発生してくれるので、傾斜がかなりキツい山坂道であっても力不足を感じることはなかった。

夏休みと言うこともあり、千頭駅に到着するとSLに乗りに来た子供たちで駅構内は溢れかえっていた。そんな中で子供以上にはしゃぐ編集部T(笑)。ここからのSLレポートはバトンタッチ。

ボルボ V70 関連ページ

ボルボ XC70 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ボルボ V70 の関連記事

ボルボ V70の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ボルボ V70 の関連記事をもっと見る

ボルボ V70 の関連ニュース

ボルボ 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/24~2017/9/24