autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート ボルボ 2013年モデル オールラインナップ試乗レポート Vol.2 「ボルボ V70・XC70」編/今井優杏

試乗レポート 2012/11/14 00:00

ボルボ 2013年モデル オールラインナップ試乗レポート Vol.2 「ボルボ V70・XC70」編/今井優杏(1/2)

関連: ボルボ V70 , ボルボ XC70 Text: 今井 優杏 Photo: オートックワン編集部
ボルボ 2013年モデル オールラインナップ試乗レポート Vol.2 「ボルボ V70・XC70」編/今井優杏

ドイツ車しか知らないアナタにこそ乗って欲しい、ボルボの中核を担う2台

ボルボ V70 T4 SEボルボ XC70 OCEAN RACE EDTION[特別限定車 30台/専用ボディカラー:オーシャンブルーメタリックII]

会津・裏磐梯にて行われたVOLVOオールラインナップ試乗会での試乗記をお送りしている当シリーズ、第2弾は『やっぱボルボと言えばコレだね!』の、ボルボラインナップ中核を担う「V70」、そしてそのV70のクロスカントリーモデルである「XC70」特別限定車「OCEAN RACE EDITION」の2台でお届けしようと思う。

[※第1弾「ボルボ XC60・XC90」編はコチラから]

まずV70だ。

今回試乗を許されたのはV70 T4 SEだった。このモデル名に含まれる“SE”は、文字通りベースであるV70 T4の“Special Edition”。16インチタイヤが17インチにアップサイズされており(もちろんホイールのデザインもまったく違ったものに変更される)、内装もレザーシートにアップグレード。

しかもレザーといっても、T4でもオプションで選べる通常のレザーシートではなく、T4 SEでは「パーフォレーテッド・レザー」というさらに“エエやつ”へとアップグレードする。革に細かな孔を開け通気を良くしたもので、さらにフロントシートにはLクラスのVIP向け高級車にしか装備されないような、贅沢なベンチレーション機能まで備わっている優れモノなのだ。

その他にも電動テールゲートが装備されていたり、ルーフレールが付いていたりと細かいところを挙げればキリがないのだが、こんなに至れり尽くせりの豪華仕様で、なんと50万円の価格差しかないことに驚く。かなりお得な内容なので、V70 T4を検討されている読者諸兄は、絶対にSEを選ぶべきだ。

…というのも。

この掛け心地、まるで”マシュマロ”や~「ボルボ V70 T4 SE」

ボルボ V70 T4 SEの絶品マシュマロシートに思わず”ピース♪”な今井優杏さんボルボ V70 T4 SE フロントシート

このレザーシートの質感がもう、もう、うっとりトロンと溶けちゃうくらいにすんばらしいのだ。

ドアを開け、シートに身を預けた瞬間に、私もオートックワン編集部員T氏も思わず「わあ!」と叫んでしまった。

「ま、マシュマロや~!」

…意味不明だ。でも嘘ではない。シートに座った瞬間“ぽふっ”という擬音が出るほどで、いや実際は出ないのではあるが擬音が瞬時に脳裏をよぎるほどで、体重を預けた瞬間お尻はおろか身体全体をふわんと包んでくれちゃうソレは、クルマとしては近年稀にみる柔らかさなのであった。これはもうソファだ。しかも社長の部屋にで~んと鎮座ましますタイプのヤツだ。そんなマシュマロ触感に、運転中はモモの裏が癒され続けるのである。本当に気持ちいいので是非試していただきたい。

密閉性の高い車内は、張りめぐらされた上質な革によって静けさを一層増している。シートに座れば目に入る、ウッドを多用した温もりあるインテリアも素晴らしい。ふと見上げれば、木洩れ陽が優しく降り注ぐサンルーフが!…参りました。

何度も言うが、スカンジナビアンデザインの粋は、ここに集結してるのだ。褒めすぎ? いやいや、そう言わずに一回乗ってみなさい。ドイツ車しか乗ったことのない人の方が、きっと色んな意味で新鮮に驚けると思う。

ボルボ V70 T4 SE ラゲッジルームボルボ V70 T4 SE リアシートボルボ V70 T4 SE リアシート(インテグレーテッド・チャイルド・クッション使用時)ボルボ V70 T4 SE 本革フロントシート(ソフトベージュ)ボルボ V70 T4 SE インテリア・インパネ・運転席周り

驚きのダウンサイジングエンジン、1.6直噴ターボ

ボルボ V70 T4 SE 試乗レポート5
ボルボ V70 T4 SE 試乗レポート2ボルボ V70 T4 SE 試乗レポート7

さらなる驚愕はエンジンであった。

実はお恥ずかしながら、あまりの試乗台数の多さになんのスペック確認もしないでバタバタ乗り込んだのだが、あとで諸元表を見てひっくり返った。

勘のいい読者の皆さんならもうお気づきかと思うが、コレ、わずか1.6リッターしかない、直4エンジンなのだった。ターボチャージャーが組み合わされてはいるが、全長5m弱・2t弱のクルマを引っ張るには驚きのダウンサイジングエンジンであることは間違いない。

コレがまあ、よく走る。体感1.8リッターくらいは余裕で感じる。

最高出力は180psと数字にすれば大したことはないのだが、踏み始めのころにしっかりとトルクが膨らむので信号待ちの再加速などでエンジンの小ささにコンプレックスを感じないのは素晴らしいし、峠での登り、コーナー立ち上がりの再加速などで踏み足す際にもしっかりと素早く反応してくれるので頼りがいがある。

むしろある程度スピードに乗ってからのほうがエンジンの小ささからくる弊害が気になる。つまり1.6リッターエンジンがフルに回ることによる振動と音が車内に聞こえ始めるのだ。インテリアの場面でも触れたが、消音はかなりしっかりなされているようで不快感はないが、その辺がどうしても気になる人は、3リッターのT6エンジンを選べば良いだろう。

サスペンションはしっかりとよく沈み込む。そのせいでハンドリングがやや遅れ気味になるが、それも予測してゆっくりとRに合わせて行ってやれば沈み込み過ぎず、助手席の彼女を気持ち悪くさせないドライブが出来ると思う。

ボルボ V70 T4 SEボルボ V70 T4 SEボルボ V70 T4 SEボルボ V70 T4 SE チルトアップ機構付電動ガラス・サンルーフボルボ V70 T4 SE 2013年モデルから採用されたイルミネーテッド・シフトノブ

ボルボ V70 関連ページ

ボルボ XC70 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ボルボ V70 の関連記事

ボルボ V70の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ボルボ V70 の関連記事をもっと見る

ボルボ V70 の関連ニュース

ボルボ 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/18~2017/11/18

  • ボルボ

    新車価格

    599万円884万円

  • ボルボ
    V40

    新車価格

    299万円499万円

  • ボルボ

    新車価格

    779万円1,299万円