autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート ボルボ V60 試乗レポート/岡本幸一郎 3ページ目

試乗レポート 2011/5/10 20:49

ボルボ V60 試乗レポート/岡本幸一郎(3/4)

関連: ボルボ V60 , ボルボ S60 Text: 岡本 幸一郎 Photo: オートックワン編集部
ボルボ V60 試乗レポート/岡本幸一郎

S60でも感じられた良さはそのまま継承!

VOLVO V60 R-Design

早速、DRIVeについては、1.5トンを超える車体ながら、不満に感じることのない動力性能が確保されているところが偉い。また、湿式クラッチを採用したDCT「パワーシフト」は、勾配地での細かな動きも含め、クラッチの断続が滑らかなところも好印象だ。

現状、世にあるDCTの中で、もっとも扱いやすく仕上がっていると思う。300psオーバーを発生するT6系の3リッターターボは、豊かな力感と直列6気筒エンジンならではのスムーズな吹け上がりを味わわせてくれる。

基本的にBピラーよりも前はS60と同じで、Bピラー以降がV60専用となっているが、マウント類を強化するなどして実現した、フラット感のある引き締まった乗り味や、コラムのねじれ剛性を高めるとともに、クイックレシオとしたステアリングなどによる一体感のあるフットワークが心地よい。それでいて乗り心地の快適性が十分に保たれているあたり、S60でも感じられた良さはそのまま受け継いでいる。

S60に対してはスプリングとダンパーは共通で、アンチロールバーのみ若干太くされているという。厳密にみると、セダンボディのS60と比べたときに、リアセクションの構造の違いによる重量増や剛性の違いの影響は、まったくないとはいえないのだが、それでも非常にイコールに近いものであり、ほぼ遜色なしとお伝えしておきたいと思う。

シャシーの設定は、グレードに合わせて3段階が用意されており、R-Designでは18インチタイヤ&ホイールを履き、チューニングもハードな味付けとなっているが、快適性が十分に確保されているのもポイントだ。

かつてのボルボで「R」と付くモデルは、トゥー・マッチな印象のものが多かったのだが、S60も含め現在は、そのあたりの塩梅も程よいところに落ち着いていて好感が持てる。

VOLVO V60 T6VOLVO V60 T6VOLVO V60 Driv-eVOLVO V60 T6VOLVO V60 R-Design

ボルボ V60 関連ページ

ボルボ S60 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ボルボ V60 の関連記事

ボルボ V60の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ボルボ V60 の関連記事をもっと見る

ボルボ V60 の関連ニュース

ボルボ 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/20~2017/9/20