autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート ボルボ V60 試乗レポート/小沢コージ 2ページ目

試乗レポート 2011/1/20 14:43

ボルボ V60 試乗レポート/小沢コージ(2/4)

関連: ボルボ V60 , ボルボ S60 Text: 小沢 コージ Photo: ボルボカーズジャパン
ボルボ V60 試乗レポート/小沢コージ

思いっきりファッショナブルだが、中身はまさしくボルボ

ボルボ V60

ってなわけで詳細。

まずボディサイズは全長×全幅×全高が4,628mm×1,865mm×1,484mm、ホイールベースが2,776mmと、ベースとなったセダンのS60で比べると、旧型よりひと回り大きくなっている。

とはいえポジショニングは絶妙で、メルセデスで言えばCクラスとEクラス、BMWで言うと3シリーズと5シリーズのちょうど中間で、デカ過ぎず小さ過ぎず。やっぱ生き方わかってますわ。ボルボさん。

ベースとなったのはいわゆるV50やS40系の小さなプラットフォームではなく、V70や新しいSUV、XC60系の余裕のあるプラットフォーム。それだけに走りの味わいには期待できる。

その分、基本は当然横置きエンジンのFF車で、明らかに縦置きエンジンのメルセデスやBMWと比べると、スペース効率は良く、衝突安全でも有利だから、中身はまごうことなきボルボ。実は見た目以上にマジメなのよ。

しかし、見た目は全然違う。

チーフデザイナーのピーター・ホールバリー氏が「我々はいままでプレミアムになりきれていなかった」とぶっちゃけトークをしたように、ここに来て思いっきりファッショナブル路線を導入。

冒頭のリアビューのシェイプだけでなく、フロント部分からしてオーバーハングを取った“アリクイ”風ノーズを採用。一見フィアットっぽくもあり、特によく見るとパンパーの左右もかなり角が取り去れている。

それはリアも同じでリアウィンドウがクーペさながら斜めになってるのと同様、リアバンパーも左右の角が鋭く取り去られている。加えて流行のハイマウントのストップライトもこれまたトレンドを導入って感じ。

ボルボ V60
ボルボ V60ボルボ V60

一方、インテリアは完全にボルボ流かつ十分にトレンディで、センターパネルからボルボのインテリアシンボルとも言えるセンターフローティングスタックを採用。

しかもそれを微妙にドライバー側へ傾けるなどのスポーティデザインを採用しており、さらに実は基本モチーフは一昨年出た新型SUV、XC60とほとんど同じなのだが、使われるインテリア素材は微妙にハデ。

ウッドはより明るいブラウンで、メタリック調パーツも、よりくすみが無く、ツヤのあるモノが使われている。

ボルボ V60 関連ページ

ボルボ S60 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ボルボ V60 の関連記事

ボルボ V60の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ボルボ V60 の関連記事をもっと見る

ボルボ V60 の関連ニュース

ボルボ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/29~2017/7/29

  • ボルボ
    V40

    新車価格

    299万円455万円

  • ボルボ

    新車価格

    779万円1,299万円

  • ボルボ

    新車価格

    599万円719万円