autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート ボルボ V60 試乗レポート/小沢コージ

試乗レポート 2011/1/20 14:43

ボルボ V60 試乗レポート/小沢コージ(1/4)

関連: ボルボ V60 , ボルボ S60 Text: 小沢 コージ Photo: ボルボカーズジャパン
ボルボ V60 試乗レポート/小沢コージ

ええっ、あ、あの子が・・・!?

ボルボ V60

清純派女優のイメチェンほど俗な男をドキドキさせるものはないが、まさかそれっぽいことがクルマでも見れるとは思わなかった。

今年の初夏には上陸予定のボルボの新しいステーションワゴン、V60。その前にはミディアムセダン版のS60も登場するが、ボルボといえばなによりワゴン。

そして、今回の注目度は何よりもイメチェン度が違う。

そもそもボルボワゴンといえば、昔からエステート(不動産)と名付けられてるくらいの巨大荷室が売りで、極論すると「クルマに荷室が付いてる・・・」ではなく、「荷室にクルマが付いてる・・・」くらいのクルマ。

北欧ならではのオシャレイメージと同時に、徹底した生真面目さが売りで、いわばその“お嬢様ぶり”に男たちはときめかされてたってワケだ。

実際、今も知り合いのカメラマンが乗っている90年代の940ワゴンは、ほとんど荷室に小さな畳が入りそうなほど広い。その分、見た目もまさに部屋だが、それこそがボルボ。ちょっとスカートの長いお嬢様みたいな部分にソソられていたはずなのだ。

ボルボ V60ボルボ V60

ところが見てちょうだいませよ、このV60。

容量にして430リッターというちょっとしたセダン程度のラゲッジ容量もさることながら、リアビューは、オマエはアルファスポーツワゴンかアコードエアロデッキ(古い?)かってセクシーさ。

特にリアウィンドウの小ささ、クォーターピラーのスポーティさったらないわけで、まさしく“オシリの小さな女のコ”と言った風情。

そもそもこのV60自体、今までボルボになかったカテゴリーで、コンパクトワゴンのV50と定番V70の中間だし、そもそもボルボ自ら「スポーツワゴン」と名付けることすら初めて。

いろんな意味でボルボよ、オマエもか!というインパクトなのだ。

当然、伝統的なファンからは反発すら出そうな勢いだが、実はボルボユーザーとは言え、最近ではそのビッグな荷室を使い切っていないユーザーが多いのが世界的な傾向で、そもそもこれは「お客の要望だ」という説もある。

つくづく世界は変わって行くわけですな。

ボルボ V60 関連ページ

ボルボ S60 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ボルボ V60 の関連記事

ボルボ V60の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ボルボ V60 の関連記事をもっと見る

ボルボ V60 の関連ニュース

ボルボ 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/24~2017/9/24