autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート ボルボ V60 D4 クラシック試乗|ファイナルモデルをあえて選ぶ積極的な理由

試乗レポート 2018/3/22 19:38

ボルボ V60 D4 クラシック試乗|ファイナルモデルをあえて選ぶ積極的な理由

関連: ボルボ V60 , ボルボ V60クロスカントリー , ボルボ S60 Text: 山本 シンヤ Photo: オートックワン 編集部
ボルボ V60 D4 クラシック
ボルボ V60 D4 クラシックボルボ V60 D4 クラシックボルボ V60 D4 クラシックボルボ V60 D4 クラシック画像ギャラリーはこちら

いよいよ次期V60が欧州デビューしたが・・・

ここ数年、日本で最も勢いがある輸入車メーカーと言えば「ボルボ」だろう。昨年はXC60が2017-2018日本カー・オブ・ザ・イヤーを受賞はもちろん、2017年1月~12月の新車登録台数が前年比8.3%増となる15,751台を記録、3年連続で前年を上回った。そんな日本のボルボをV40やXC60と共にけん引してきたモデルがV60だ。すでに2018年3月のジュネーブショーで新型V60がお披露目されているが、今回紹介するのは現行V60のファイナルモデルと呼ばれる「V60 クラシック」だ。

現行のV60はステーションワゴンながらも、積載性よりスタイリングを重視したモデルで、ボルボにしてはスポーティなイメージを重視したデザインを採用している。

ちなみにボディサイズは全長4635×全幅1865×全高1480mmで、実は全幅以外はスバル・レヴォーグ(全長4690×全幅1780×全高1495mm)に近い。

インパネ周りはスイッチが多い操作系(実は慣れると非常に使いやすいが、初見は戸惑うかもしれない)や7インチのディスプレイなどは、最新のライバルと比べると時代を感じる部分もあるが、装備面で不満がでることはないだろう。

ボディカラーにより内装色はブラック/ベージュの2タイプが用意されるが、個人的にはボルボの世界観を味わうなら間違いなくベージュをオススメしたい。

>>VOLVO V60 D4 Classicの全てを画像でもっと見る![フォトギャラリー]

充実装備満載、しかも最先端の安全装備は未だライバルも追い付いていない

ボルボ V60 D4 クラシック
ボルボ V60 D4 クラシックボルボ V60 D4 クラシック

V60クラシックは、従来のラインアップに対して充実装備が特長となっており、「本革シート」、「助手席8ウェイパワーシート」、「フロントシートヒーター」、「12セグ地上デジタルTV」、「チルトアップ機構付電動ガラス・サンルーフ」、「18インチアルミホイール」、「フロントデコフレーム(クローム)」「アーバン・ウッド・パネル」などが標準装備としてプラスされる。

ボルボが自社開発した「Drive-E」(ドライブ・イー)パワートレインは3種類が設定される。

ガソリンモデルが、152ps/250Nmを発揮する直4 1.5リッターターボの「T3」と245ps/350Nmを発揮する2.0リッターターボの「T5」、ディーゼルモデルは190ps/400Nmを発揮する2.0リッターターボ「D4」だ。組み合わされるトランスミッションは、T3のみ6速ATで、T5とD4が8速ATとなる。

ちなみにモデル末期と言っても、歩行者・サイクリスト検知機能付衝突回避・軽減フルオートブレーキシステムをはじめとする10種類以上の全方位的な世界最先端のアクティブセーフティ(先進安全装備)「INTELLISAFE」(インテリセーフ)や、コネクティビリティアプリを採用する「センサスコネクト」など、最新モデルと変わらないアイテムを装備している。最後までアップデートの手を緩めない姿勢は、日本車もぜひ見習ってほしい部分である。

やはり「最新のボルボは最良のボルボ」だった

ボルボ V60 D4 クラシック

今回ディーゼルエンジンを搭載するV60 D4クラシックに試乗したが、やはり「最新のボルボは最良のボルボ」であることを再確認できた。

特に驚いたのは走りの部分で、変更のアナウンスはないが明らかに“深化”している。

V60が使うフォードグループ由来のプラットフォームは、速度を上げるとフラット感が増すが、街乗り領域ではバネ下がややバタバタする。また、大き目のギャップを超える時のいなし方や前後のバランス感に世代の古さを感じさせる面も。

しかしV60 D4 クラシックは、大径なタイヤサイズ(235/40R18)のミシュラン パイロットスポーツ3を履きながら、従来モデルよりもしなやかな足の動きをみせる。段差、乗り越え時のアタリも丸くなっている印象だ。これはXC60クラシックの時と同じで「何だ、やればできるじゃん!」と言った印象だ。

■参考:[試乗]ボルボ XC60 T5 AWD クラシックは熟成し尽くされた“Classic”の味わい

ボルボ V60 D4 クラシックボルボ V60 D4 クラシック

しかし、サスペンション周りの熟成に対して、ステアリング系は以前と同じく操作に対してやや機敏に動く特性のままなので、17インチもしくはもう少し快適性重視のタイヤ(例えばミシュラン プライマシー3など)だったらもっと良かったかもと思う。

その一方で、スポーティなフォルムとのバランスを見ると「ルックスは絶対に18インチ!!」と思うのも事実。この辺りのバランスの難しさは旧シャシーの限界なのかもしれない。

2リッターディーゼルターボのD4+8速ATは、V60のキャラクターを考えるとベストマッチな組み合わせだと思う。1690kgの重量級のボディを全く感じさせない力強さなので、むしろ燃費重視の「ECO+モード」のほうがスムーズに感じてしまうほど。

その上、高速道路を全車速追従機能付ACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)を使い普通に走って20km/L前後と言う低燃費も嬉しいポイントである。旧シャシー+最新パワートレインの組み合わせなので静粛性は若干気になる部分もあるが、ライバルと比べても十分対抗できるレベルだろう。

新型V60デビュー目前でも最終モデル「V60 Classic」を積極的に選んでみたい

ボルボ V60 D4 クラシック

ボルボV60のファイナルモデル「V60 クラシック」の価格はT3 Classicが474万円、D4 Classicが499万円とかなり戦略的なプライスだ。

往年の四角いボルボのイメージを飛び切りモダンに解釈した新型V60は、なるほど人気を呼びそうな予感がする。だがいっぽうで、現行型V60のコンパクトでスポーティなフォルムが好みだという方も少なくないだろう。また新型V60が上級移行する(価格帯が上昇する)ことも十分に予想される。

そんなことをトータルで考えると、熟成を重ねて完成されたうえ、充実装備もフルで搭載される現行V60のファイナルモデル「V60 クラシック」を、気取らずにサラッと乗りこなすと言う選択も十分にアリだと思う。

[レポート:山本 シンヤ/Photo:オートックワン 編集部]

>>VOLVO V60 D4 Classicの全てを画像でもっと見る![フォトギャラリー]

主要スペック

ボルボ V60 D4 Classic[FF]の主要スペック
グレードV60 D4 Classic(クリーンディーゼル)
価格(消費税込み) 4,990,000円
駆動方式 前輪駆動(FF)
トランスミッション 8速AT
全長 4,635mm
全幅(車幅) 1,865mm
全高(車高) 1,480mm
ホイールベース 2,775mm
乗車定員 5人
車両重量(車重) 1,690kg
エンジン 直列4気筒 直噴 DOHC 16V インタークーラー付ターボチャージャー ディーゼル
排気量 1,968cc
最大出力 190ps(140kW)/4,250rpm
最大トルク 40.8kgm(400N・m)/1,750-2,500rpm
燃料 軽油
タイヤサイズ 235/40R18
最小回転半径 5.8m
オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ボルボ V60 の関連記事

ボルボ V60の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ボルボ V60 の関連記事をもっと見る

ボルボ V60 の関連ニュース

ボルボ 新車人気ランキング  集計期間:2018/3/22~2018/4/22

  • ボルボ

    新車価格

    389万円549万円

  • ボルボ

    新車価格

    599万円884万円

  • ボルボ
    V40

    新車価格

    299万円499万円