autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート ボルボ、最後の直列6気筒エンジンを堪能 ~ボルボ V60 T6「ポールスター・パフォーマンス・パッケージ」 試乗レポート~ 2ページ目

試乗レポート 2015/6/12 09:43

ボルボ、最後の直列6気筒エンジンを堪能 ~ボルボ V60 T6「ポールスター・パフォーマンス・パッケージ」 試乗レポート~(2/4)

関連: ボルボ V60 , ボルボ XC60 , ボルボ S60 Text: 金子 浩久 Photo: 小林岳夫
ボルボ、最後の直列6気筒エンジンを堪能 ~ボルボ V60 T6「ポールスター・パフォーマンス・パッケージ」 試乗レポート~

長い歴史を持つボルボの6気筒エンジン

ボルボ、最後の直列6気筒エンジンを堪能 ~ボルボ V60 T6「ポールスター・パフォーマンス・パッケージ」 試乗レポート/金子浩久~ボルボ、最後の直列6気筒エンジンを堪能 ~ボルボ V60 T6「ポールスター・パフォーマンス・パッケージ」 試乗レポート/金子浩久~

ボルボの6気筒搭載モデルには非常に長い歴史があって、最初のモデルはなんと1924年の「PV650」にまで遡る。僕らが同時代体験として現物を知っているのは1979年から続いていた「240」からだ。プジョーとルノーとボルボの3社で共同開発し、仲良く使っていた3.0リッターV型6気筒。その後も、直列6気筒を縦置きした「760」や「960」。その後は、前輪駆動のために直列6気筒を横置きした「S80」や「V70」、「XC90」等々。

今回、試乗したV60 T6 AWD チューンド・バイ・ポールスター」も3.0リッター直列6気筒を横置きして、4輪を駆動する。

このクルマは、「S60」「V60」「XC60」T6 AWDのエンジンを、ボルボの公認モータースポーツパートナーである「ポールスター・レーシング」がロムチューンを施したものだ。エンジンマネジメントの最適化によって、出力とレスポンスが向上し、燃費や排ガス性能などはノーマル版と変わらない。ボルボのメーカー保証の対象にもなっている。

ボルボ、最後の直列6気筒エンジンを堪能 ~ボルボ V60 T6「ポールスター・パフォーマンス・パッケージ」 試乗レポート/金子浩久~

気になる出力向上は、最高出力が224kW(304ps)から242kW(329ps)、最大トルクが440Nm(44.9kgm)から480Nm(48.9kgm)へとパワーアップしている。

特徴的なのは、発生回転数だ。最高出力は5400rpmから6500rpmとより高回転域にシフトしているのに対して、最大トルクは3000~3600rpmとオリジナルの2100~4200rpmよりも発生回転域が狭まっている。

[直列6気筒エンジンの深い乗り味とは・・・次ページへ続く]

ボルボ V60 関連ページ

ボルボ XC60 関連ページ

ボルボ S60 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ボルボ V60 の関連記事

ボルボ V60の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ボルボ V60 の関連記事をもっと見る

ボルボ V60 の関連ニュース

ボルボ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/23~2017/7/23

  • ボルボ
    V40

    新車価格

    299万円455万円

  • ボルボ

    新車価格

    774万円1,299万円

  • ボルボ

    新車価格

    599万円719万円