autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート 日本人がまだ知らない「チューンドディーゼル」という考え方/ボルボ「D4」ポールスター・パフォーマンス・パッケージ 試乗レポート 3ページ目

試乗レポート 2015/9/18 10:14

日本人がまだ知らない「チューンドディーゼル」という考え方/ボルボ「D4」ポールスター・パフォーマンス・パッケージ 試乗レポート(3/4)

日本人がまだ知らない「チューンドディーゼル」という考え方/ボルボ「D4」ポールスター・パフォーマンス・パッケージ 試乗レポート

数値だけでは分からない「ポールスター・パフォーマンス・パッケージ」の実力

ボルボ「D4」(クリーンディーゼル) ポールスター・パフォーマンス・パッケージ (V40 D4 SE) 試乗レポート/今井優杏ボルボ「D4」(クリーンディーゼル) ポールスター・パフォーマンス・パッケージ (V40 D4 SE) 試乗レポート/今井優杏

しかし、乗ってみればすぐに身体が理解する。

特に先述のようにしばらくD4に乗ってから、この「ポールスター・パフォーマンス・パッケージ」を追加した人なんかは、ハッとするくらいに加速が鋭くなっていることに気づくだろう。

その秘密は、2.000~4.500rpmという中速回転域、つまり実用回転域に重きを置いたチューンをしているから。実際この回転域での改善は+16ps、そして+40Nm。一番使う回転域で、キレのある加速を楽しめるように味付けてあるのだ。

それに、このくらいの出力のアップはまさに「ええ塩梅」。差を実感できるほどにしっかりパワーを引き出してあるのに、出力がありすぎて振り回されるということがない。

出足のスーっとした感じ、坂道でグイグイ坂を駆け上がって行く感じ、高速道路でほんの少しペダルに足を乗せておけば、バンバン踏まなくても速度に乗って行けるかんじなど、クルマがワンランク上がったかのような落ち着いた走行を堪能できるはずだ。

ディーゼルエンジンに、より上質なフィールを

ボルボ「D4」(クリーンディーゼル) ポールスター・パフォーマンス・パッケージ (V40 D4 SE) 試乗レポート/今井優杏ボルボ「D4」(クリーンディーゼル) ポールスター・パフォーマンス・パッケージ (V40 D4 SE) 試乗レポート/今井優杏

しかも、この「ポールスター・パフォーマンス・パッケージ」、D4エンジンとのマッチングがすこぶるなめらかで上品

従来のT4 1.6リッターガソリンターボエンジンの「ポールスター・パフォーマンス・パッケージ」は、ややヤンチャすぎるきらいがあった。そもそもT4エンジンのV40自体が、若々しく弾けるような飛び出し感を備え、やや締まったアシでボルボらしからぬじゃじゃ馬感を醸し出していたために、おのずと「ポールスター・パフォーマンス・パッケージ」もその特性を増長させるようなチューンになっていた。

しかし、D4との組み合わせはその過度なヤンチャさが滑らかにいなされ、停止状態からの加速、踏み足していった時のパワーの出方など、どれも至極ジェントルだ。

[チューンの良さは、高い基礎体力があってこそ・・・次ページへ続く]

ボルボ V40 関連ページ

ボルボ V40クロスカントリー 関連ページ

ボルボ XC60 関連ページ

ボルボ V60 関連ページ

ボルボ S60 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ボルボ V40 の関連記事

ボルボ V40の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ボルボ V40 の関連記事をもっと見る

ボルボ V40 の関連ニュース

ボルボ 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/20~2017/11/20

  • ボルボ

    新車価格

    599万円884万円

  • ボルボ
    V40

    新車価格

    299万円499万円

  • ボルボ

    新車価格

    779万円1,299万円