autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート 「Drive-E」(ドライブ・イー)の勢いが止まらない!/ボルボ V40 T3[新開発1.5リッターガソリンターボ]試乗レポート 3ページ目

試乗レポート 2015/8/28 18:07

「Drive-E」(ドライブ・イー)の勢いが止まらない!/ボルボ V40 T3[新開発1.5リッターガソリンターボ]試乗レポート(3/4)

関連: ボルボ V40 , ボルボ V40クロスカントリー Text: 大谷 達也 Photo: 阿部昌也・オートックワン編集部
「Drive-E」(ドライブ・イー)の勢いが止まらない!/ボルボ V40 T3[新開発1.5リッターガソリンターボ]試乗レポート

2015年モデルでガラッと変更された足回り

ボルボ V40 T3(「Drive-E」新開発  1.5リッターガソリン 直噴ターボエンジン搭載モデル)試乗レポート/大谷達也

もうひとつ、ファミリーカーにとって大切なポイントといえるのが乗り心地。では、V40 T3 SEはどうなのか?

3年前にV40がデビューしたとき、かつてのボルボとは比べものにならないくらいスポーティな走りが話題になったものだ。その基盤となったのは頑丈なボディで、だから路面から多少突き上げがあってもそれほど不快には思えなかったものだけれど、どうやら世間的にはあまり評判がよくなかったらしい。

そこで日本仕様は2015年モデルより、導入当初の“ダイナミックシャシー”から、よりソフトな“ツーリングシャシー”に切り替え、市場からの要望に応えているという。

ツーリングシャシーになっても変わらないV40らしさとは

ボルボ V40 T3(「Drive-E」新開発  1.5リッターガソリン 直噴ターボエンジン搭載モデル)試乗レポート/大谷達也ボルボ V40 T3(「Drive-E」新開発  1.5リッターガソリン 直噴ターボエンジン搭載モデル)試乗レポート/大谷達也

なるほど、最新のV40はそれまでのものよりサスペンションが柔らかめで、これまでよりタイヤがゆったりと動いている様子がわかる。コーナリング時のクルマの傾き(いわゆるロール)も自然に起きるし、これだったらごく普通のファミリーカーとして快適に乗れる設定だと思う。ただし、試乗車がおろし立て(走行距離は300km以下)で足回りの馴染みがまだ進んでいなかったせいか、それともSEだけに標準装備されている17インチ・タイヤ(標準仕様ならびにV40クロスカントリーは16インチ)のせいなのか、路面によってはタイヤからゴツゴツという軽いショックを感じることがあった。

もっとも、仮に上記したどちらかが原因だとしたら対策のしようはある。また、多少ソフトになったとはいえ、山道では機敏な走りを披露してくれたので、個人的には引き続き魅力的な足回りだと評価したい。

[気になる実用燃費は・・・次ページへ続く]

ボルボ V40 関連ページ

ボルボ V40クロスカントリー 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ボルボ V40 の関連記事

ボルボ V40の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ボルボ V40 の関連記事をもっと見る

ボルボ V40 の関連ニュース

ボルボ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/24~2017/7/24

  • ボルボ
    V40

    新車価格

    299万円455万円

  • ボルボ

    新車価格

    774万円1,299万円

  • ボルボ

    新車価格

    599万円719万円