autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート 「Drive-E」(ドライブ・イー)の勢いが止まらない!/ボルボ V40 T3[新開発1.5リッターガソリンターボ]試乗レポート 2ページ目

試乗レポート 2015/8/28 18:07

「Drive-E」(ドライブ・イー)の勢いが止まらない!/ボルボ V40 T3[新開発1.5リッターガソリンターボ]試乗レポート(2/4)

関連: ボルボ V40 , ボルボ V40クロスカントリー Text: 大谷 達也 Photo: 阿部昌也・オートックワン編集部
「Drive-E」(ドライブ・イー)の勢いが止まらない!/ボルボ V40 T3[新開発1.5リッターガソリンターボ]試乗レポート

安心してください、スイスイ走りますよ!

ボルボ V40 T3(「Drive-E」新開発  1.5リッターガソリン 直噴ターボエンジン搭載モデル)試乗レポート/大谷達也ボルボ V40 T3(「Drive-E」新開発  1.5リッターガソリン 直噴ターボエンジン搭載モデル)試乗レポート/大谷達也

排気量を小さくしたと聞いてまず心配になるのは「それで元気に走るの?」という点だろう。

V40のライバルといえば「メルセデス・ベンツ Aクラス」、「BMW 1シリーズ」、「アウディ A3スポーツバック」、「フォルクスワーゲン ゴルフ」あたりがまず頭に浮かぶが、それぞれラインナップ中の最小エンジンは1.6リッター(122ps/200Nm)、1.5リッター(136ps/220Nm)、1.4リッター(122ps/200Nm)、1.2リッター(105ps/175Nm)。だから、V40 T3のエンジンだけが特別小さいわけではない。むしろ、ヨーロッパではこのくらいのサイズが主流なのだ。

というわけで、V40 T3の走りもいたって標準的。発進ではさすがに背中をドカンと蹴飛ばされるような印象はないけれど、そんなのは1.5リッター・クラスだったら当たり前の話で、アクセルをそっと踏めばそろそろとスムーズに、ぐいっと強く踏み込めば意外と活発にV40 T3は加速していく。

静粛性の高さも最新エンジンならでは

ボルボ V40 T3(「Drive-E」新開発  1.5リッターガソリン 直噴ターボエンジン搭載モデル)試乗レポート/大谷達也

そして、もしも目の前の遅いクルマを追い越したくなったら、それまでよりちょっとだけ右足に力を込めれば、エンジン回転数が2500rpmくらいまで上昇。V40 T3はぐんと勢いを増して、素早く追い越しを終えることだろう。

このクルマに乗っていていいなと思ったのは、全体的に静かなこと。エンジン・ノイズはほとんど聞こえないし、タイヤが発するゴーッというロードノイズもあまり気にならない。耳に届くのは控えめな風切り音だけ。これはファミリーカーとしても人気の高いV40にとって、とても大事な要素だ。

[年次改良で乗り心地も改善・・・次ページへ続く]

ボルボ V40 関連ページ

ボルボ V40クロスカントリー 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ボルボ V40 の関連記事

ボルボ V40の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ボルボ V40 の関連記事をもっと見る

ボルボ V40 の関連ニュース

ボルボ 新車人気ランキング  集計期間:2017/5/29~2017/6/29