autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート 【試乗】ボルボ V40 T4 SE マイナーチェンジ(2015年モデル) 試乗レポート/渡辺陽一郎 2ページ目

試乗レポート 2015/1/30 09:30

【試乗】ボルボ V40 T4 SE マイナーチェンジ(2015年モデル) 試乗レポート/渡辺陽一郎(2/3)

【試乗】ボルボ V40 T4 SE マイナーチェンジ(2015年モデル) 試乗レポート/渡辺陽一郎

2015年モデルは乗り心地も大きく向上

ボルボ 新型 V40 T4 SE 2015年モデル試乗レポート/渡辺陽一郎ボルボ 新型 V40 T4 SE 2015年モデル試乗レポート/渡辺陽一郎

「ボルボ V40」は日本では2013年に発売されて人気を高め、先ごろ2015年モデルとしてマイナーチェンジを受けた。前述の「インテリセーフ10」は全車に標準装着され、ベーシックなT4を除くと、ヘッドライトと連動して点灯するLEDドライビングライト、ITSスポット対応DSRC車載器もセットされる。DSRCの機能があると、高速道路で渋滞情報や所要時間などを簡単に知ることができて便利だ。オプションではプレミアムサウンドオーディオシステムも「T4 SE」グレード以上に設定されている。

走行性能に関しては、足まわりに変更を加えた。従来は「ダイナミックシャシー」と呼ばれるスポーツ指向の足まわりを装着していたが、変更後は、T4とT4 SEは「ツーリングシャシー」になっている。「T5 Rデザイン」は従来と同様のスポーツ指向だが、T4とT4 SEでは乗り心地が向上した。またT4 SEはタイヤサイズ(タイヤ幅)の変更で、最小回転半径も従来の5.7mから5.2mになり、小回りの利きも良くなっている

より装備も充実し魅力を増した上級グレード「ボルボ T4 SE」2015年モデル

ボルボ 新型 V40 T4 SE 2015年モデル試乗レポート/渡辺陽一郎ボルボ 新型 V40 T4 SE 2015年モデル試乗レポート/渡辺陽一郎

さっそく2015年モデルの「ボルボ T4 SE」を試乗してみよう。価格は365万円だからT4よりも50万円高いが、カーナビが標準装着され(T4のオプション価格は21万円)、前席のヒーター、運転席の電動調節機能、アクティブベンディング機能付きデュアルキセノンヘッドライト、LEDドライビングライトなども加わる。なのでT4と比べても割高感は生じない。

マイナーチェンジを受けたT4 SEの試乗を開始して、最初に気付いたのは乗り心地の向上だ。

変更前も粗い印象はなく、乗り心地は悪くなかったが、段差を乗り越えたりすると明確なショックを伝えた。低い速度域では、路上の細かなデコボコがステアリングホイールに伝わってくる印象も受けた。マイナーチェンジ後はそこが改善され、硬さが気にならない。ショックも伝わりにくく、いわゆる角の丸い乗り心地になった。感覚的にはサイズがひとまわり大きな「ボルボ V60」に近づき、上質感が増したともいえるだろう。

[ライバルを超える「V40」のプレミアムな魅力とは・・・次ページへ続く]

ボルボ V40 関連ページ

ボルボ V40クロスカントリー 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ボルボ V40 の関連記事

ボルボ V40の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ボルボ V40 の関連記事をもっと見る

ボルボ V40 の関連ニュース

ボルボ 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/24~2017/11/24

  • ボルボ

    新車価格

    599万円884万円

  • ボルボ
    V40

    新車価格

    299万円499万円

  • ボルボ

    新車価格

    779万円1,299万円