autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート ボルボ V40 クロスカントリー T5 AWD 試乗レポート/今井優杏 3ページ目

試乗レポート 2013/5/7 11:00

ボルボ V40 クロスカントリー T5 AWD 試乗レポート/今井優杏(3/3)

関連: ボルボ V40 , ボルボ V40クロスカントリー Text: 今井 優杏 Photo: オートックワン編集部/ボルボ・カー・ジャパン 撮影協力:フォレスターナ軽井沢
ボルボ V40 クロスカントリー T5 AWD 試乗レポート/今井優杏

温かみとクールさが同居する魅惑の北欧式インテリア

ボルボ V40 クロスカントリー T5 AWD[レザー・パッケージ/ナビゲーション・パッケージ/セーフティー・パッケージ装着車] インテリア 

とにかくボルボの内装のクオリティは他の追随を許さない。温かみとクールさがかなりの高次元でクロスし、購買欲をグサグサ刺してくる。「これまでのどの自動車メーカーとも違う室内観と造形」というのが“他人とカブりたくないがオシャレじゃないのはもっとイヤ”な心理をこれでもかと刺激するんである。

ただオシャレなだけではなく、リアのドアパネルとシートの隙間はドア側の乗員の開放感を演出するし、中央座席は背面を盛り上げて作ることで前に出たような座り位置となり、両隣の乗員と肩が重なり合わないように工夫されている。とにかく部屋としての完成度が高いのだ。下手したら私の部屋よりも快適、といういみじくも哀しい結論に達してしまう。グスン。

ボルボ V40 クロスカントリー T5 AWD[レザー・パッケージ/ナビゲーション・パッケージ/セーフティー・パッケージ装着車] インテリア イルミネーテッド・シフトノブボルボ V40 クロスカントリー T5 AWD[レザー・パッケージ/ナビゲーション・パッケージ/セーフティー・パッケージ装着車] インテリア メーターパネルボルボ V40 クロスカントリー T5 AWD[レザー・パッケージ/ナビゲーション・パッケージ/セーフティー・パッケージ装着車] インテリア リアシートボルボ V40 クロスカントリー T5 AWD[レザー・パッケージ/ナビゲーション・パッケージ/セーフティー・パッケージ装着車フロントシート(レザーパッケージ:本革シートカラー:チャコール/ブロンド)ボルボ V40 クロスカントリー T5 AWD[レザー・パッケージ/ナビゲーション・パッケージ/セーフティー・パッケージ装着車] インテリア パノラマ・ガラスルーフ

ベースモデルも十分に凄いのだけど、こっちはもっとイイ!

標準モデル「ボルボ V40」とは、グリルのみならず、取り囲むフレーム形状に至るまで異なったデザインとした「クロスカントリー T5 AWD」(右)

ベースのV40には1.6リッターエンジンが用意されていて、これにはFFが組み合わされる。1600ccとはいえこのエンジンはとても元気がよく、非力さは全く感じない。同じ1.6リッターでも、以前試乗したボルボ S60とは室内音の響き方が大幅に改善されていて、山道でのべつまくなし踏んでも室内の静粛性は大幅に保たれているし、何よりもFFならではの軽快な鼻先の動きだ。人によってはAWDのクロスカントリーよりもこの二駆のグレードを溺愛すると思う。

というわけでベースグレードだけでも相当に基礎体力の高いV40だが、結局素材がいいから派生もいいという結論に尽きる。もちろんこれまで紹介したすべての機能や装備はV40 クロスカントリー T5 AWDにも備えられるのだ。

しかもコレ、V40が売れたから追加しちゃえばいいじゃん、なんていう付け足しモデルなんかではない。ちゃんと設計当初から設定されたモデルなので、付け焼刃のような後出し感は皆無だった。

車高は上がったが走りはスポーティ

ボルボ V40 クロスカントリー T5 AWD 試乗レポート10

たとえば30mm引き上げられた全高だが、高さがハンドリングにさほど影響せず、ベースグレードとほぼ変わらないロール値でワインディングをリズミカルに駆け抜けることが出来る。さしてストロークしているような感じは受けないが懐が浅いというわけではなく、小さな路面の入力は拾うが大きなギャップは乗り越える、というややスポーティなセッティングになっている。

ハンドリングに大きく影響するのがV40から新採用となった電動パワステだが、こちらの使用感は上々。かつてのように超低速域では切り遅れてしまうほど重い、というようなことが完全になくなったのが嬉しい。

濡れたような艶を感じるハンドリングに”きゅんきゅん”する

ボルボ V40 クロスカントリー T5 AWD 試乗レポート6ボルボ V40 クロスカントリー T5 AWD 試乗レポート5

大幅にベースグレードと異なるのはやはりAWDのドライブ感で、2リッターターボエンジンをどっしりと受け止め、濡れたような艶を感じるしっとりとしたハンドリングだった。

「『濡れたような』ってなんやねん、意味わからんわ!」と鼻白む諸兄、嘘ではない。嘘だと思うならベースグレードと比較試乗してみなさい。T4+FFは乾いていて、T5+AWDが濡れているということがたやすく感じられるはずだ。

つまり「さすがボルボ!」のがっちりボディ剛性を大型ボルボ同様の最新のハルデックス製シャシーが受け止め、ジタバタ感の微塵もない、接地感の高いコーナリングが叶えられているというしくみだ。対してT4+FFモデルは先述の通りもう少し鼻先の軽さが目立つ。キビキビした軽快な動きが特徴的だ。

ボルボ V40 クロスカントリー T5 AWD試乗レポート/その魅力にゾッコン!な今井優杏さん

さて、冒頭部分で述べた『うわ』、だが、なんでこんなにべた褒めなクルマに試乗して頭を抱えているかというと、ですよ。

実は私は今、リアルに愛車を吟味している最中なのだけど、ストライクゾーンをこのV40も籍を置くCセグメントに据え、とあるライバル車をほぼ本命と定めた矢先の試乗となったからであった。ああどうしよう(困)。

[レポート:今井優杏]

ボルボ V40「クロスカントリー T5 AWD」 主要諸元

ボルボ V40 クロスカントリー T5 AWD[エクステリア・スタイリング・キット装着車]ボルボ V40 クロスカントリー T5 AWD[エクステリア・スタイリング・キット装着車]

全長x全幅x全高:4370x1800x1470mm/ホイールベース:2645mm/車両重量:1580kg/乗車定員:5名/ハンドル位置:右/駆動方式:電子制御AWDシステム(四輪駆動)/エンジン種類:インタークーラー付ターボチャージャー DOHC 直5 横置き 20V ガソリンエンジン/総排気量:1983cc/最高出力:213ps(157kW)/6000rpm/最大トルク:30.6kg-m(300N・m)/2700-5000rpm/トランスミッション:ギアトロニック(電子制御6速AT)/燃料消費率:12.4km/L[JC08モード]/タイヤサイズ:225/50R17/車両本体価格:359.0万円※[価格は消費税込み]

※試乗・撮影車には、ナビゲーションパッケージ(+200,000円)/レザーパッケージ(+200,000円)/セーフティパッケージ(+200,000円[2013年5月現在セーフティエクスペリエンスモニターキャンペーン実施で無償提供中])/パノラミックガラスルーフ(+180,000円)/歩行者エアバッグ(+60,000円)/リアビューカメラ(+60,000円)/エクステリアスタイリングキット(+157185円)/ETC車載機(+25,000円)を追加し、総額4,672,185円[価格は全て消費税込み]

筆者: 今井 優杏

ボルボ V40 関連ページ

ボルボ V40クロスカントリー 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ボルボ V40 の関連記事

ボルボ V40の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ボルボ V40 の関連記事をもっと見る

ボルボ V40 の関連ニュース

ボルボ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/24~2017/7/24

  • ボルボ
    V40

    新車価格

    299万円455万円

  • ボルボ

    新車価格

    774万円1,299万円

  • ボルボ

    新車価格

    599万円719万円